--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.20 いちごとオレンジのジャム
いちごとオレンジのジャム

いちごとオレンジのジャムを作りました
といっても試作なので、いちご1パックとオレンジ1個分だけ
できあがりも1ビンだけとなりました
いちごとはまた違うオレンジの酸味と甘みが加わって
なかなかおいしいと思います
今回比率は1:1ですが
もう少しオレンジの分量を多くしてもいいかも…と思いました
     (覚書  いちご:オレンジ 1:1  グラニュー糖55パーセント)

                            試食♪




2007.12.12 洋梨とりんごとバニラのジャム
洋梨とりんごのジャム

先日、ぎこさんがりんごのジュレを使って作っていらした
洋梨とバニラのジャムがおいしそうだったので
私も作ってみました
いがらしろみさんのレシピを参考に
果実の比率と糖度は少し下げてます
カットした洋梨とバニラビーンズにりんごのジュレ
あまー香りと同様、あまーいジャムができました
たまにはこんな甘いのもいいけど、けっこうあまいです、ふふ
(覚書 洋梨:りんごのジュレ 3:1 糖度40パーセント)

洋梨とー


2007.11.30 柚子のジュレ
ぷるるん♪

柚子、続きます♪
柚子のマーマレードの次は、柚子のジュレにしてみました
こちらもマーマレード同様2日がかりで作りました
が、そのかいあって、きれいに固まってくれました♪
(あくがうまく取り除けなくて、ビンにも入ってしまったのが残念ですが)
りんごのジュレ同様、柚子のペクチンの力だけでゼリーのようになります
柚子のうまみと香りがぎゅーっと詰まっていて、苦味はほとんど感じません
お湯の中に入れて、柚子茶にしてみました↓
レモンティーみたいな感じで、おいしい~
身体もあったまりそうです

柚子茶にして♪



柚子のジュレの手順↓
2007.11.29 柚子のマーマレード
柚子のマーマレード

うっちゃんからいただいた柚子を使って、柚子マーマレードを作りました
マーマレード作りは数年ぶりだし
柚子では初めてなのでドキドキしましたが
色も香りも良く、とってもおいしく出来て大満足です♪
無農薬で新鮮な柚子のおかげです!

黄色♪

クリチとともに♪

さっそく、べーグルにクリームチーズといっしょに塗って試食です
し、しあわせ…柑橘類好きにはたまりません♪
2日がかりでちょっと手間がかかるけど
やっぱりマーマレードっておいしい♪と実感しました

マーマレード作りの手順↓

2007.11.24 金柑の甘露煮
金柑♪

店頭で、金柑をみかけるようになりました
やはり作らずにはいられませんでした
つやぴかの金柑の甘露煮♪
お砂糖もいつもより多めに
ちょっと長めに煮たので、色が濃くなりましたが
やわらかーく煮えたので、満足です
縦に数本切込みを入れて
少しだけ茹でこぼしてから、種を取り除いて
ひたひたの水とグラニュー糖で静かに煮ます
1パック分しか作らなかったのですぐになくなりそうです


2007.11.16 りんごとキウイのジャム
りんごとキウイのジャム

りんご(紅玉)とキウイのジャムを作りました
いがらしろみさんのレシピを参考にしています
紅玉とキウイの酸味がさわやかなジャムになりました
なかなかおいしいです♪
りんごは薄いいちょう切りにしたのですが
もっと細かくカットして、一部はジュース状にしてみたら
どうだろうか…と、次回の課題もできました
(覚書 フルーツシュガー 55パーセント×0.7
                        りんご:キウイ 3:4)



2007.11.12 洋梨とバナナのジャム
洋梨とバナナのジャム

今年は洋梨のジャムをまだ作っていなかったなーと思い
ラ・フランスを買ってきました
昨年同様、バニラビーンズ入りの洋梨とバニラのジャムにしようと思っていたら
カンジンのバニラビーンズが切れていました(涙)
それなら、洋梨オンリーで作ろうとカットし始めたときに
ふと熟したバナナが目にとまりました
入れてみちゃおうかな…と思いたち
ためしに一緒に食べてみたら、そう悪くもなさそうなので
無謀にもトライしてみることに!
さすがにバナナは存在感がありそうなので
洋梨との比率を2:1にしたのですが
それでも、バナナ感強しでした
3:1くらいで再挑戦してみたいと思います
(覚書 グラニュー糖45パーセント 洋梨:バナナ 2:1)



2007.11.05 りんごとシナモンのジャム
りんごとシナモンのジャム

りんごのジュレを作った時に残ったりんご
やはり捨てられないので、りんごとシナモンのジャムにしました
まず芯のところを取って、裏ごししました
はじめは皮も頑張って裏ごししていたのだけど
なんだか果てしないことになりそうだったので
途中で断念して、皮についてる部分だけこそぎ取りました
裏ごししたものを少し食べてみたら
おいしい部分は果汁となってしまっているので
さすがにぼんやり感があって物足りない感じがしました
そこで、できたジュレを少し加えて
グラニュー糖とレモン果汁といっしょに煮てみることに…
仕上げに多めにシナモンを入れて、ひと煮立ちしたら出来上がり
ふんわりした口当たりにシナモンが香るジャムになりました
             (覚書 ジュレ大さじ3 グラニュー糖45パーセント)

                               裏ごし



2007.11.03 りんごのジュレ
りんごのジュレ

また紅玉で、りんごのジュレを作りました
いがらしろみさんの「ジャムのお菓子」を参考にしました
ジュレ(フランス語)ともジェリー(英語)とも表記されるようですが
りんごの豊富なペクチンの働きだけで、ゼリーのように固まります
とろりんと食べてみると、あまーいけどりんごの味が凝縮されて♪
去年、別のりんごで初めて作ってみた時は、黄色っぽくなって
あまりうまく固まらなかったのですが(たぶん糖度を低くしたから?)
今回は固まってくれて、ほっとしました
クリアーなピンクがまた嬉しいです
           (覚書 グラニュー糖 りんご重量と同量)

                              クリアーピンク♪



2007.11.01 りんご(紅玉)のジャム
紅玉のジャム

いろんなところで見かけるようになってきましたが
わたしも、紅玉でりんごジャムを作りました
このりんごを使うときは、やはり色にこだわりたくなります
甘酸っぱくて、優しいピンク色のジャムができました 
             (覚書 フルーツシュガー55%×0.7)

                       ピンクが嬉しい♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。