--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.10 アバディのパン
アバディのパン

ナイジェリアの小さな町アバディのパンやさん。
朝日とともに、パンやさんの1日は始まります。
赤土の釜に火を入れ、一晩寝かせてふくらんだ生地、
みんなでこねて、ちぎって、型に入れ。
釜がしっかりあったまったら、いよいよ釜入れ。
どんどん運んで、その量ときたら!
西日が差す頃ようやく焼き上がり
パンの売り子たちによって、みんなの元へつく頃は
いちばんぼしがあらわれる頃…

釜の温度が上がったところ
釜入れ直後、型に入ったパンが並んでいるところ
そして焼き上がり頃、ふっくらこんがり焼けたパンたち
釜の中が描かれているページが3回登場するのですが
その迫力に圧倒されてしまいます。
釜の中の温度も伝わってくるようです。
それだけでなく
ブトーおばさんを中心に働くみんなの汗も
ナイジェリアの乾いた暑さも
みんなその絵から感じられます。

でも、せかせか忙しくしてない感じがして
朝から始めて、焼き上がりが夕方、というのも
なんだかアフリカのもつのんびり感というか
うまくいえないけど、時計じゃなくて「お日さま」で時が流れていく感じが
すごくいいなーと、とっても豊かなぜいたくなものに思えます。
パンやさんを通して描かれる彼らの暮らし
お祈りや水浴び、ランプの灯
そしてラジオや車、ホテル…
絵にも、そして文にも
作者の木葉井さんのアフリカへの愛や想いがあふれていて
だから、それがまっすぐ読者に伝わってくるのだと思います。
        (木葉井悦子作 ほるぷ出版)


絵本の森美術館

この「アバディのパン」の原画を見に、
軽井沢の絵本の森美術館に行きました。
この夏の企画展は「アンデルセン童話の絵本展」10月6日まで
木葉井悦子のアトリエでは「アバディのパン」の原画展が12日まで
(次は「やまのかぜ」の原画らしいです)
ここは、もう何度も何度も訪れていますが
いつ来ても、どの季節も、それぞれいいです。
この日は、運良く「森のお話会」にも参加できました。↓
静かな森の中で聞くお話、とてもぜいたくに感じました。

                    森のお話会



軽井沢での1日↓
鬼押し出しより浅間山

夏の軽井沢はとても混むので、できれば渋滞を避けたい。
行きたいところはそっちこっちあるのだけど
今回は小学生の人に合わせて
私が小学生の時の林間学校で行ったところを織り交ぜつつの
かなり定番プランになりました。
朝5時すぎに家を出れば、軽井沢には2時間ちょっとで着きます。
朝のまだ涼しいうちにまず、鬼押し出し園へ。
空気がまだ冷たく感じられてとても気持ちよかったです。
次に、白糸の滝へ。

                   白糸の滝

ブランジェリー浅野屋

軽井沢銀座に着いたのはちょうど10時頃。
ここにくる時は、必ず寄りたくなるのが
ブランジェ浅野屋内のレストラン、シェ・マリー。
10時半ごろまでは、モーニングセットがいただけます。
(パンの盛り合わせとフレッシュジュース、食後の紅茶かコーヒー
 メインにウインナーかスクランブルかスープを選べて、1500円くらい)
それ以降の時間は、ランチセットやアラカルトが楽しめるのですが
休日だと、どうしても並ばなくてはいけないので
いつも早い時間帯になってしまいます。
朝が早いので、早めの昼食を兼ねてしまいます。

運良く、石釜前の作業の様子がよく見える窓際の席に座れました!
ピールを使っての、石釜へのパンの出し入れのほかにも
途中一度釜から出して、チーズやガーリックバターをのせる工程や
釜入れ前のクープ入れ(感動!!)、エピのはさみさばきなどを
じっくり堪能できる、幸せな席なのですよぅ…
食後、大好きなフルーツライと焼きたてエピ2本を買いました。

                         フルーツライとエピ


デザートはやはり恒例のミカドコーヒーのモカソフト
といくところですが、今回はガマンして、気になっていた
竹風堂の栗あんソフトクリームを食べました。
濃厚でおいしい~♪
その後、絵本の森美術館、エルツおもちゃ博物館と巡り
お茶して少し休憩してから、小諸の懐古園へ。
軽井沢方面の渋滞を目の当たりにしたので
立ち寄り温泉(いつものとんぼの湯)をあきらめて
そのまま小諸から高速に乗りました。
これまた早めの夕飯は、横川の峠の釜飯、これもいつものパターン…
(釜を返せるので、出かける前には忘れずに車に積んでおきます)

宝くじ、当たらないかな…
当たったら絶対に軽井沢(か那須でもいいなー)に小さい別荘を持つんだ!
と、帰路の車中で熱く語ってしまうのも、いつものこと。
こんな風にあちこち行くのも楽しいけど
ゆっくりまったり過ごしてみたいものです。

さて、楽しかった軽井沢の1日でしたが
とんでもないおまけがついてきてしまいました…

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/475-3b8da360
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。