--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.19 梅シロップ
梅氷

今年の梅シロップは、凍らせずにそのままで漬けてみることにしました。
ビンをよく振れるように、青梅は500グラムずつ2ビンに分け
少しのホワイトリカーに、1つは氷砂糖、もう1つは三温糖の2種類。
始めのうちは、氷砂糖の方がどんどん溶けて水分の出も多かったです。
うきうきとビンを振って、沈殿した砂糖を溶かしては
水面に浮く梅の実を乾かさないように気をつけていたのに
(オットは、私のこの様子を見ると、あー6月だなーと実感するそうです。
 我が家の風物詩となりつつある、ビン振り…)
10日目くらいに泡が出てきてしまって、発酵し始めてしまいました。
よく振れるように、キッチンのカウンターに置いていたのが悪かったのでしょうか…
12日目には振ったときの泡があまりにも多くて
これは炭酸水でも入れたのかと思うほどだったので
あきらめて、梅を取り出してシロップを一煮立ちさせ、泡をとりのぞきました。
三温糖の方は、もう数日置いてみようと思います。
さて、梅シロップで、梅かき氷♪
梅シロップに、先日の甘露煮をのせただけというそっけなさですが
これがおいしいのですよー!

梅シロップ初日 梅シロップ5日目

                                    いちごミルク氷

小さい人は春先に作っておいた、いちごシロップにコンデンスミルクの
ダブル掛け、あまーいいちごミルク氷。

              ***

通園バスのポイントになっている家の軒先には
きれいなあじさいが、たくさん咲いていて毎朝嬉しくなります。
今朝、ハハはあじさい豆知識を、小さい人に披露してやろうと思いつきました。
「あのね、あじさいってこれがお花みたいだけど花びらじゃないんだよー
 この真ん中の小さーいのが本当はあじさいのお花なんだって!」
小さい人は興味津々で、ハハに疑問を投げかけてきました。
『じゃあこの花びらみたいだけど花びらじゃないのは、なあに?』
「これはね、がくなんだって」
『ふーん、お笑いの人みたいだね、がくっだって、はははー』
そう言った小さい人は、ひざを追ってずっこけていました…



昨夜読んだ本

昨夜読んだ本
「赤毛のアン」モンゴメリ作 村岡花子訳 ポプラ社
「ボルカ  はねなしがちょうのぼうけん」ジョン・バーニンガム作
                           きじまはじめ訳 ほるぷ出版
「こねこのピッチ」ハンス・フィッシャー作 石井桃子訳 岩波書店



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/463-43c5957a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。