--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.28 鉄道博物館
鉄道博物館 2階から

小さい人、小学生の人の代休が偶然重なった月曜日
かねてより鉄道博物館へ行こうと決めていました
埼玉県人なので、けっこう近いのです
大宮で乗り換えて、新交通ニューシャトルで1駅め
神田の交通博物館時代からは想像も出来ない広さです
それに、平日とは思えない混雑ぶりにびっくりしました
鉄道博物館、「てっぱく」というらしいです…

↑↓ともに、ヒストリーゾーン2階からのぞむ
吹き抜けになっている1階部分は
ずらりと新旧さまざまな車両が並び、圧巻です
鉄子予備軍の私たち3人、すっかり舞い上がり気味でした

ずらりと並んでます


ジオラマ

朝いちで到着した私たち、トイレなどをすませて
最初に向かったのは、2階の鉄道模型のジオラマ
(時間まで30分ほど並びました…)
25メートル×8メートルの規模と、スケールも大きく
走る鉄道模型も新幹線、特急、寝台特急に在来線、SLとさまざま
ナレーション付きの15分ほどのプログラムになっていて楽しめます
小学生の人は神田の頃も大好きだったのに、記憶が薄れていて悲しい(涙)

0系♪ 特急

その後は1階に下りて、展示されている車両を見て回ります
車体を真下から見ることが出来たり
実際に中に入れるようになっていたり
ホームも作ってあったり…
交通博物館の正面入り口の顔だった新幹線0系も
ちゃーんと展示されていました↑
寝台車は、外からしか見えませんでしたが
3段ベッドが下ろしてある状態や(狭い!!)
カーテンを閉めている状態など何シーンか演出されていて
寝台車への憧れ心がまたしても募ります
座って飲食できる車両もあり、お昼は売店で駅弁を買って(また!!)
特急の車内で食べました
車窓からもホームや隣の電車が見えるので
ちょっとした旅行気分を盛り上げてくれました↓

C57 135 お昼は車内で駅弁…


午後はミニシャトルに乗ったり
ラーニングホールで、展示装置を楽しみながら仕組みを学んだり
(小さい人はおもに、操作を楽しむだけですが)
窓から、建物の真横の線路を走る新幹線を眺めたり…
こちらの体験プログラムはとてもおもしろそうなのだけど
高学年以上が対象とのことでした
外には、自分で運転できるミニ列車のコースもあり
かなり人気らしく、整理券の列がすごいことになっていました
(もちろんスルー)
企画展は新幹線だったので、ここにも長居してしまい…
ちょうどSuica祭りでクイズラリーもやっていました
さすがJR、入場券売機も、館内のお買い物もSuicaが使えるのだそうです
4箇所のクイズに答えて抽選で、Suicaグッズが当たります
小さい人はA賞でマグカップ、私と小学生の人はB賞でミニバッグ1つずつ
もらえるとなると、なんだか嬉しくなってしまいます、へへ
(帰る時にも1つずつマグネットをもらいました)
帰る前のお楽しみ、ミュージアムショップでは
それぞれ好きなものを手に入れて↓
小さい人は、北斗星の箱入りチョコクッキー←やはり食べ物か!
小学生の人は、新幹線と特急の本←鉄子まっしぐら!
私は、新幹線手ぬぐい(かまわぬ製)と山手線駅名メモ
大満足で帰りの途に着きました
あっという間の1日でした~♪

買ったもの もらったもの



昨夜読んだ本

昨夜読んだ本(小学生の人は上の1冊)
「魔法使いのチョコレートケーキ マーガレット・マーヒーお話集」
                シャーリー・ヒューズ絵 石井桃子訳 福音館書店←読了
「ちいさなしろくまくんのおはなし」ドロシー・シェリル作 湯沢朱実訳 こぐま社
「ながれぼしをひろいに」筒井頼子文 片山健絵 福音館書店

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/451-ed2230b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。