--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.29 柚子のマーマレード
柚子のマーマレード

うっちゃんからいただいた柚子を使って、柚子マーマレードを作りました
マーマレード作りは数年ぶりだし
柚子では初めてなのでドキドキしましたが
色も香りも良く、とってもおいしく出来て大満足です♪
無農薬で新鮮な柚子のおかげです!

黄色♪

クリチとともに♪

さっそく、べーグルにクリームチーズといっしょに塗って試食です
し、しあわせ…柑橘類好きにはたまりません♪
2日がかりでちょっと手間がかかるけど
やっぱりマーマレードっておいしい♪と実感しました

マーマレード作りの手順↓

カット終了

柚子を半分にカットして、実と皮に分けます
実の部分は翌日まで冷蔵庫で待機
半分の状態の皮を縦に4等分し、それぞれ先端のとがった部分をカットします
これは、マーマレード用にするには、大きさが不揃いになってしまうので
別に細かくカットして冷凍保存し、料理用にします
本体の皮は水につけていると、白い部分がふやけてくるので
それを根気良く取り除きます
この白い部分も苦味の元となるので、できれば少ない方が良いです
きれいに取れたら、皮を千切りにして、水につけます
時折、水を替えながら、一晩から丸1日おいておきます
これをしないと、やはり苦味やえぐみが気になってしまうと思います
食べてみて、皮のピリッとした感じがしなくなったら
ざるに空けて水を切ります

砂糖は後から

待機していた実は、袋のすじや真ん中の硬いところをとりのぞき
半分に開いて、種を取り出します
ひたひたより少なめの水と皮といっしょに弱~中火で煮始めます

種はペクチン液に

同時進行で種の方も、少しの水といっしょに弱火にかけます
ペクチンがとけだしてきてとろっとしてきたら(10分ほど)
ぺクチン液の出来上がり
種とあくを除いて、これを皮と実の鍋に投入します

砂糖投入

実の袋が煮ほどけて、皮が柔らかくなってきたら
砂糖を2、3度に分けて投入し
いっしょにゆのす(レモン果汁で代用可)も加えて、酸味を補います
煮詰まってきているようなら、適度に水を足します
あくを取りながら、中~弱火で煮詰めていきます
底にこげつきやすいので、ちょくちょくかきまぜます
照りととろみが出てきたら、出来上がりです♪

覚書
柚子6個(重量900グラム)
千切りにカットした皮190グラム、種を取り除いた実(と袋)400グラム+水
グラニュー糖 約70% ゆのす 約大さじ2


昨夜読んだ本(小学生の人は上の1冊)
「ホッペル、ポッぺル、それともストッペル?」マックス・ボリガー文 
             ユゼフ・ヴィルコン絵 さかくらちづる訳 評論社(図書館の本)
「アップルパイをつくりましょ」 マージェリー・プライスマン作 角野栄子訳 
                               ブックローン出版(図書館の本)
「たわし」井上洋介 偕成社(図書館の本)←延長中…



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/434-ef858c99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。