--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.19 かぼちゃ食パン
かぼちゃ食パン

かぼちゃのマフィンの生地を、パウンド型で焼いてみました
たまたま分割する時に
イングリッシュマフィンの型の準備をしていないことに気づいて
それならいっそと面倒になっただけ…なのです、へへ
でも、しっとりふんわり~な焼き上がりでやっぱりおいしかったです♪
今度はエンゼル型で焼いてみようかな



ちょっとコドモの悩み↓


小学生の人の登校班は少人数で、女の子は彼女だけです
やんちゃな男の子に仕切られて、集合時間が勝手にどんどん早くなっています
2学期になってから、家の隣だった集合場所も
少し行った曲がり角のところに勝手に変えられてしまい
彼らに少しでも遅れようものなら置いていかれるようになりました
最近では彼女が門を出るときに、彼らが先を歩いているだけなのに
「遅いんだよ!置いていくぞ!!」と怒鳴り声まで…
「時間じゃないんだから置いていかないで」と言えばいいのに
学年も上で身体も大きな子に言い出しにくいようです
彼らよりも早く外に出るようにして「何でお前早いんだよ!」と言われた日に
「集合時間じゃないのに先に行っちゃうから…」と答えたのがせいいっぱいのようですが
彼女が早くなった分だけ、彼らももっと早くなりました(予想してたけど)

ハハは毎朝、その様子を2階の窓からこっそり見ては
怒りに震えたり、悲しくなったりしています
「うちのかわいい(!)娘になんてこと言うんだ、ばかー!!」と
小さい声でつぶやいたり←コラコラ
出かける時間に合わせてゴミを捨てて、やんわり「みんな早いわね」と言ってみようか
「集合場所はどうして変わったの?」とにっこり攻撃してみようかと
いろいろ思い巡るのですが、やはりコドモの世界にすぐに口を出すのはイカンと
今は思いとどまっています
マイペースな彼女なので、キモチはよくないようですが
ハハほど怒りや悲しみもないように感じられます
君ももう少し頑張れ、いっそやってやれ!(←おおげさ)とか思ったりもするのですが
よく言えばそんなおだやかなところが彼女の良いところとも言えるし
ハハが親ばかで熱いだけかも、落ち着け自分と言い聞かせたりしています

マジメな話、彼女自身にも、少しは自分で反撃できるようになってほしいし
そうやって荒っぽい子に揉まれることもいい経験だ、と思っているのですが…
とりあえず、教室に1番に着いても、いつも先生がいるらしいので
その点では安心しています
今後、もっと早くなったら「なんでそんなに早いんだ?」と聞いてくれるかもしれないし♪
ただ、やんちゃくんと相棒が、来年とその次の年の班長さんになるので
この悩みはしばらく続くと思います
小学生の人だけでなく、ハハにとっても、いい経験になるのかな…



昨夜読んだ本

昨夜読んだ本(小学生の人は上の1冊)
「イギリスとアイルランドの昔話」石井桃子訳・編 J・D・バトン画 福音館書店
「とこちゃんはどこ」松岡享子作 加古里子絵 福音館書店
「まんげつのよるまでまちなさい」マーガレット・ワイズ・ブラウン作 ガース・ウィリアムズ絵
                                           松岡享子訳 ペンギン社
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/417-dff63ec1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。