--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.08 プルーンのジャム
プルーンのジャム

昨日、生果のプルーンをジャムにしました
プルーンと言うとドライフルーツのイメージなのですが
正確にはプラム(すもも)の1種で、発酵せずにドライにできる種を指すのだそうです
これから9月頃までいろんな種が順番に出回るらしいです
甘酸っぱくてそのままでも食べれました

ジャムにするとかなり濃厚な色と味になります
アメリカンチェリーのジャムに近い感じです
プルーンお通じに良いだけあって、ペクチン多いと思われ
皮のところがどろり~としてすごくおいしいのです♪
冷めてからかなりゲル化が進むので、早めに切り上げることがポイントです
食べて感じるよりも糖度が高いのでしょうか
ジャムにすると甘みもかなり強くなります
  (覚書 グラニュー糖50% レモン果汁少し
         次は 糖度下げてみるか、何かミックスしてみる)

                 プルーン♪

最近、お笑い番組でよくみかける芸人さん、こじまよしお
我が家のコドモたち、かなりお気に入りです
小さい人も例のフリ?をすっかり覚えて
♪で・も~そんなのかんけいな~い
 そんなのかんけいな~い おっぱっぴぃ♪
と、1日に何度もやっています←もっとましなこと覚えておくれ
ふと思いついて、小さい人に私も使ってみました
小「ママ~のどかわいた、ジュースちょうだい」
ハハ「え~麦茶にしなさいよぉ」
小 「やだやだ、りんごジュースがいい~ぎゃあ~!!」
ハハ「で・も~そんなのかんけいな~い♪」
こうして麦茶をさしだすと、笑いつつあきらめてくれました
これは使えるかも、ぷぷぷと思っていたら…
ハハ「お風呂の時間ですよ~おかたづけしなさい」
小 「え~まだ遊ぶからだしておく~」
ハハ「だーめ!お風呂の前に片付ける!!」
小 「で・も~そんなのかんけいな~い♪」
逆に使われるとかなりいらっときます、ダメです…


昨夜読んだ本

昨夜読んだ本(左2冊が小学生の人)
「公爵夫人のふわふわケーキ」ヴァージニア・カール作 灰島かり訳 平凡社
「版画のはらうた2」くどうなおこ詩 ほてはまたかし画 童話屋
「ペネロペ うみへいく」アン・グッドマン文 ゲオルグ・ハレンスレーベン絵 
                   ひがしかずこ訳 岩崎書店(図書館の本)
「ぼくとチマチマ」荒井良二作 学研(図書館の本)
「たわし」井上洋介作 小学館(図書館の本)
  小さい人「たわし」にはまっています…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/394-6744ba49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。