--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.20 たんじょうび
たんじょうび

動物たちと仲良く暮らすリゼッテおばあちゃん
今日は76歳のおたんじょうび
おばあちゃんの外出中に
犬のベロとネコのマウリとルリを中心に動物たちは結束して
サプライズパ-ティーの準備にとりかかります

ハンス・フィッシャーの絵がとにかく大好き♪
一見、無造作にも見えるペン画ですが
動物たちの表情もしぐさもいきいきとしていて
部屋の調度や小物も細部まで書き込まれ
見れば見るほどひき込まれます
それに押さえた色遣いもこれまたステキなのです♪

             クグロフ♪

動物たちの愛するおばあちゃんへの思いがこもった手作りパーティー
ケーキはクグロフ(←これだけでもかなりそそられます)
キャンドルはもちろん76本
庭のりんごをホルダーがわりにキャンドルの明かりだけで
テーブルセッティングされている見開きのページは
リゼッテおばあちゃんでなくても心躍ります
食事の後は、お芝居
そしてお庭にキャンドルを持ち出しての心憎い演出
そして最後の最後にもうひとつ、とびきりのプレゼントが…

お誕生日、1年に1度のその人だけの特別な日に
日ごろの感謝と愛情がたっぷり詰まったパーティー
お祝いされるおばあちゃんだけでなく
動物たちが、とても楽しそうに準備する様子に
お祝いする側にとっても特別な日なのだなと改めて思います
大切な人の喜ぶ笑顔や様子って本当に嬉しいものです
(ハンス・フィッシャー作 おおつかゆうぞう訳 福音館書店)

続編

こちらは続編にあたる「こねこのピッチ」
もちろん単独でも楽しめます
版元は別で(岩波書店・石井桃子訳)紙の色や質が違うので
同じ登場人物たち、同じような絵や色遣いでも
タッチや色の出方が異なるのが興味深いです
やはりフィッシャーの「ブレーメンの音楽隊」でもそうなのですが
夜の黒い影がとても印象的で好きです


昨夜読んだ本(小さい人はねむってしまったので小学生の人のみ)
「ちいさいおうち」バートン作 石井桃子訳 福音館書店

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/359-56fed45e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。