--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.05 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
ラ・フォル・ジュルネ

東京国際フォーラムで開かれている
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンに行ってきました
「熱狂の日」音楽祭というサブタイトルにあるように
ゴールデンウィークの数日間、1時間弱のコンサートが
1日中数箇所で同時平行的に行われるクラシックの音楽祭です
クラシックファンの門戸を開くという目的もあるので
各公演の料金は格安で、無料のコンサートや
小さな子供でも参加できるような公演やお楽しみの企画も用意されています
毎年テーマに沿った作曲家の曲が演奏されていて
今年のテーマは「民族のハーモニー」いわゆる国民学派と呼ばれる作曲家たち
会場となる各ホールにもそのテーマにちなんだ名前がついていました
クラシックには縁遠い我が家ですが
この催しは今年で3回目、かねてより行きたかったのです
我が家の野生児小さい人も、そろそろ何とかなるか、なっておくれと
ドキドキしながら初参加です
朝いちの「0歳からのコンサート」
小さな人でも本当の音楽に…という目的で年齢制限もなく
場内も暗くなりません
やはり多少の騒々しさは免れませんが
小さいコドモをもつ親としてはとても嬉しいコンサートでした
本格的なオーケストラは、初めての小学生の人でしたが
予習のかいもあって楽しめたようです
心配の小さい人も頑張りました!(後半は寝ていたけど…)
演奏 ウラル・フィル・ハーモニー管弦楽団(ドミトリー・リス指揮)
曲目 ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲 展覧会の絵
   ラヴェル:ラ・ヴァルス

その後も無料のコンサートや展示ホールなどを楽しんで帰宅しました
1公演が1時間弱なので、チケットを押さえておけば
1日にいくつかのコンサートが楽しめるし
そのチケットか半券があれば、会期中ずっと無料のイベントや
キッズプログラム(当日整理券配布)に参加できるし
本当に盛りだくさんで楽しいイベントだと思います
普段はクラシックのコンサートは敷居が高くて……の私ですが
この音楽祭ならちょっと気楽です
お財布の負担も少ないし♪
来年はもっと楽しめたらいいな~と思っています

東京国際フォーラムの中


昨夜読んだ本(上1冊は小学生の人)
「オーケストラの105人」カーラ・カスキン作 マーク・サイモント絵
                    岩谷時子訳 すえもりブックス
「とんでもないおいかけっこ」クレメント・ハード作 江國香織訳 BL出版
「チキンスープ・ライス入り」モーリス・センダック作 じんぐうてるお訳 冨山房
「ピエールとライオン」モーリス・センダック作 じんぐうてるお訳 冨山房

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/330-3bcdbf90
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。