--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.17 リサとガスパール&ペネロペ展
コースターとポスター

今日はオットが仕事なので、親子3人で銀座に行きました
目的は、松屋のリサとガスパール&ペネロペ展です

長くなるので↓
ゆっくり出発したので、松屋に到着したのは11時半頃でした
長蛇の列ができていて、ひぇ~とおののいていると
それは物販の列だということが判明
並ばず入場できましたが、さすがに混雑していて並んで進むという感じでした
入ってすぐ、大きなリサとガスパールと共にフィルムを見ます
絵本に出てくるあの場所やこの場所、作者2人の仲良さげな様子も…
未邦訳の「ヴェニスにいく」の原画をはじめとして
それぞれの絵本から数点ずつ出展されていました
自分の好きなページの原画があるとすごく嬉しかったりします
原画は全て絵本と同じサイズで
実際に使用しているそのサイズの枠も展示されていました
ゲオルグのアトリエの再現と、彼が絵を描いている様子のビデオ、
背景となる場所や登場する動物のラフスケッチや
ペネロペの仕掛けの習作などもありました
首が動くおもちゃ(ひだまりの民?)をペイントして耳をつけて
ペネロペに改造してあったものもおもしろかったです
構想時、リサは茶色だったとか、ペネロペは黄色の猫だったという
トリビアも仕入れました
(ペネロペがコアラだということも最近知ったのですが…)
お楽しみの物販コーナーは大混雑…
会場限定ものは入場した人でないと買えない仕組みですが
それ以外のものは、誰でも買えるようになっていました
展示原画集を始め、人形やタオル、お菓子、先行販売のポストカードなど
会場限定のグッズにもかなり揺れましたが、ぐっとこらえて
でも結局↑のものを長蛇の列に並んで購入してしまいました
ポスター1枚とコースターセット(50枚入り)
コースターは裏面がメモにもなります
小学生の人はリサガスのレターセット、小さい人はペネロペのノートを…
「リサとガスパールにほんへいく」の邦版が売っていたのに
手にするのを忘れてレジ列に並んでしまい、買えませんでした
まぁいずれ店頭にも出てから買えばいいことなので…
入場するのにこちらで割引券を
プリントアウトして向かったのですが
松屋通りにあった金券ショップ(偶然通って見つけた)で
前売り券を700円で売っていたので、ちょっと嬉しかったです♪
これから行かれる方はちょっとチェックしてみて下さい

さて松屋を出て、つばめグリルで昼食後
教文館のナルニア国に向かいました
小さい人もイスに座り、お得意の適当な朗読をして楽しんでいました
もちろん、私も何冊か読まされましたが…
こちらで数冊本を求めた後、9階で催されている
エリック・カールの世界展へ…
こちらは規模は小さいけど、やはり楽しめました
薄紙に色を重ねて色紙を作り、さまざまな色紙をカットしてコラージュする手法も
ビデオとともに紹介されていました
「はらぺこあおむし」は版を重ねるごとに手を加えているそうですが
初版本と最新のものが並べられていたのも興味深かったです
ずらりと並ぶエリック・カールの絵本にも
はらぺこあおむしグッズにも心揺れましたが、ここでもぐっとガマン
この催しの次は、ゴールデンウィークに堀内誠一原画展だそうです
これは絶対行きたいです♪
(すでに売り場には堀内誠一コーナーができていました)
その後は、立ち並ぶブランドショップを横目に
デパ地下スイーツもあきらめ(涙)
すっかり眠くなった小さい人を抱っこして有楽町駅まで向かいました


昨夜読んだ本

昨夜読んだ本(2人一緒に)
「リサ ひこうきにのる」アン・グッドマン文 ゲオルグ・ハレンスレーベン絵 ブロンズ新社
「リサとガスパールのクリスマス」同上
「リサのいもうと」同上
翌日にそなえて予習することにして1人1冊ずつ選びました
私はひこうき、小学生の人はいもうと
小さい人はクリスマス(あぁこの季節感のなさ…)
ペネロペの仕掛け絵本を忘れてくれていたので助かりました♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/293-a856c14d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。