--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.08 マイク・マリガンとスチーム・ショベル


マイク・マリガンは相棒の赤いスチームショベルのメアリ・アンを
100人の人間が1週間かかって掘るくらい、1日で掘ってしまう力があると
自慢に思っていました(実際に試したことはなかったけれど)
立派な運河を掘り、山を切り開き、丘をけずり、野を平らにして
人々のためにいっしょうけんめい仕事をしてきたのに
新式のガソリン、電機、ディーゼルショベルの発明とともに
仕事も仲間も減っていきました
そんな時、ある町の市役所の地下室建設のために
100人の人間が1週間かかって掘るくらいの大きさの穴堀りの仕事をみつけます
マイク・マリガンは1日でできると自信たっぷりですが、皆は半信半疑です
早朝からいよいよマイク・マリガンとメアリ・アンの穴掘りが始まりました…

大好きなバージニア・リー・バートンの作品です
表紙は赤、裏表紙は緑、見開きは黄色…と装丁も鮮やかなのですが
めくるどのページもバートンの細かくて鮮やかな楽しい絵ばかりです
メアリ・アンの穴掘りとそれを見にぞくぞくと集まってくる人々の様子も
また臨場感あふれて惹きつけられます
機械と人間を越えて二人で一つのように感じられるマイクとメアリ
始めはずるい笑いをうかべていたけれど後半は頼りになる役人のスワップさんや
彼らを信じて応援するちいさい男の子など登場人物も楽しく描かれています
「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」が長男のために
この「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」は次男のために
書かれたそうです

1日ですっかり穴を掘りあげた彼らでしたが
あまりにも急ぎすぎて自分たちの出口を残しておくのを忘れて
穴の中から出られなくなってしまいます!!
そんな窮地も小さな男の子の名案のおかげで…
(バージニア・リー・バートン作 いしいももこ訳 童話館出版)
IMG_4931.jpg IMG_4932.jpg


昨夜読んだ本(右1冊は小学生の人)
「こちらいそがし動物病院」垣内磯子作 マツバラリエ絵 フレーベル館
「ぽんたのじどうはんばいき」加藤ますみ作 水野二郎絵 ひさかたチャイルド
「ゆうびんやのくまさん」フィービとセルビ・ウォージントン作 福音館書店
「もしゃもしゃちゃん」マレーク・ベロニカ作 みやこうせい訳 福音館出版
IMG_4933.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/286-7c7fe82f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。