--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.20 ゆきむすめ
ゆきむすめ

子供のいない老夫婦が雪で作ったかわいいゆきむすめ
出来上がったと同時ににっこり笑い動いたその女の子を
二人は我が子のようにかわいがりますが
春が来ると、元気がなくなり外には出たがらないようになりました
ある夏の日、子どもたちは無理やり彼女を森に連れ出します…

岸田衿子さんの文に、スズキコージさんの絵です
ゆきむすめがとーってもかわいらしくて
雪景色や雪のモチーフも美しくて
メルヘンな雰囲気なのがちょっぴり意外なのですが
なんと、コージさんのデビュー作なのだそうです
(これは版元を変えて復刊されたものです)

ゆきむすめは、みんなの前から消えてしまいますが
空に上っていったのだと思わせるラストページでは
そのアングルが効果的で、はかなさが増します…
タイトルのページの雪に埋もれる家も趣があって好きです
雪の絵はお得意なのだそうです→こちら

この辺りは、今年は雪が降りそうもないです
雪には慣れていないので、ちょっと降ると交通やらもろもろが
パニック状態になってしまい、大変なことではありますが
1年に何度かは、しんと静かな雪の日があってもいいのに…
なーんて思ってしまいます
秋田に住む妹には「いつも雪に埋もれていたらそんな風には
ぜったい思わないよ」と言われてしまいますが…
(岸田衿子文 スズキコージ絵 ビリケン出版)
雪…かわいい♪


昨夜読んだ本(小学生の人はまたまたなし)
「エンソくんきしゃにのる」スズキコージ作 福音館書店
「いちご」平山和子作 福音館書店
「びょうきのブルンミ」マレーク・ベロニカ作 風濤社
昨夜読んだ本

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/273-018e6761
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。