--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.29 ことばのべんきょう
ことばのべんきょう

加古里子さんの「ものづくし」絵本4部作です
くまちゃん一家(両親、お姉ちゃん、こぐまちゃん)の暮らしを
通して、身の回りの言葉の図鑑のようになっています
くまちゃん一家以外の登場人物も全て動物たちですし
それぞれのちょっとしたエピソードも楽しく飽きさせません

「くまちゃんのいちにち」では朝起きてから夜寝るまでの
くまちゃんの1日が舞台です
朝の身じたくで歯磨き粉を出しすぎていたり
外遊びの後、真っ黒の手で昼食の食卓について怒られたり
夕方のおつかいでは、お友達の持ってるキャンデーを
うらやましくながめ…
食卓に並ぶ豪華メニューも気になるところです
「くまちゃんのかいもの」では家族そろって
あらゆるお店で買い物ざんまいです
本屋では、今見ている「ことばのべんきょう」を手にしていたり
移動の電車内から見る外の景色や
いつまでも迷うママに困惑する家族たちなどもおもしろいのですが
何よりのお楽しみは、少しずつ増えていく買った品物と、その運び方です
ベビーカーや自転車を買って、それに乗せて運び
最後はなんとすてきな車まで!(しかしおんぼろに見える…)
加古さんのものづくし 大量の買い物!

4部作のラインナップは以下の通りです
1・くまちゃんのいちにち
2・くまちゃんのいちねん
3・くまちゃんのごあいさつ
4・くまちゃんのかいもの
この絵本は私も幼少の頃持っていて、本当によくながめていました
それは妹が持っているので(彼女も好きだったらしい)
私は新しく買い求めました
初版が1975年なので、時代を感じる部分もあって
それもまた楽しいです
特に電話やテレビなどの家電は、コドモたち驚きます
     (加古里子作 福音館書店)


昨夜の本

昨夜読んだ絵本(上2冊は小学生の人)
「きつねものがたり」ヨセフ・ラダ作 福音館書店
「旅の絵本Ⅱ」安野光雅作 福音館書店
「きょうはよいてんき」ナニー・ホグロギアン作 ほるぷ出版
「ガンピーさんのふなあそび」ジョン・バーニンガム作 ほるぷ出版
最近「旅の絵本Ⅱ」の改訂版が出たと聞いて、心が揺れています
どう違うのか知りたいです
でも全作まだそろってないのに(なぜかⅠとⅤがまだ)
同じのを買うのも…
図書館もわざわざ新しいのを入れてくれるのでしょうか…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/254-bb6e7504
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。