--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.10 スイートポテトロール(紫芋)


スイートポテトロールを焼きました
紫芋のマッシュがたっぷり入っています
そして紫芋パウダーも入れたので、ちゃんと紫色になりました
また照卵するのを忘れてしまいました…


IMG_4430.jpg

昨夜読んだ本
「雪の森のリサベット」リンドグレーン作 徳間書店
「セシのポサダの日 クリスマスまであと9日」エッツ&ラバスティダ作 冨山房
「ふゆじたくのおみせ」ふくざわゆみこ作 福音館書店
「こまったこまったサンタクロース」プライス文 ル・カイン絵 ほるぷ出版
「あたたかいおくりもの」たるいしまこ作 福音館書店
上2冊が小学生の人、下3冊が小さい人です


我が家の小学生の人、現在2年生ですが
サンタクロースの存在をまだ信じています
学校でパパ説などを聞かされてきても、頑なに信じている様子です
それには彼女なりの根拠があって…


彼女が3歳くらいの頃だと思うのですが、当時彼女は
アトピーがひどくいつも眠りが浅くて、うとうと状態ばかりでした
クリスマス・イブの深夜に、車(!)から取って来たプレゼントを
そーっとツリーの下に置いた時
ぼーっと立ってこちらを見ている人が!
わ~見られた(涙)と動揺しつつ彼女のもとに歩み寄り
無言でだっこして布団に横にしたら、すぐに目を閉じ
ぼりぼり掻きだして…(寝る時はいつもそうでした)
翌朝、起きてきた彼女におそるおそる「昨日の夜…」といいかけたら
それよりも先に彼女が言いました
「夜にね、サンタさんがプレゼント置いてるところ見たんだよ!」
(え~?サンタさん???)
「あのね、サンタさん白いおひげがいっぱいあったんだよ~」
「ママは知らないの?ほんとに来たんだよ!」
寝ぼけて、私がサンタさんに見えたのでしょうか?(ありえない…)
とにかくこの日彼女は私ではなくてサンタさんを目撃してくれました
それ以来毎年、彼女は自信満々に話します
「だって私ほんとにサンタさん見たんだもん!」
それを聞くたびに、ぶぶぶ~とふきだしそうになるのを必死にこらえ
そうだよね、見たんだもんね~と変ににやついて答える私です
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/218-335d64c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。