--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.02 そんなときなんていう


ありがとうやこんにちわなどあいさつ言葉の本です
幼児向けのごあいさつの本って
キャラクターものなどで数々ありますが
これってそういうのとはまったく異質だと思います。
後ろ向きに歩いてるとわににぶつかったので
なんていう→すいません
パーティーでくまのオーケストラにたべられそうに
なったら→(逃げながら)さようなら
それぞれ場面の設定がすごく楽しい。
恐竜や海賊やカウボーイ、竜や馬に乗った騎士など
冒険やファンタジーへもいざなわれてるような
気がします。
文も、へんに子供向けにされていなくて
「わかきしんし しゅくじょのための」とあるように
簡潔に一人前に向かい合っててそこもまた好きです。
(Sジョスリン文 Mセンダック絵 
  たにかわしゅんたろう訳 岩波書店 840円)


モーリス・センダックといえば↑この三部作
私は「まどのそとのそのまたむこう」の
おどろおどろしい雰囲気が好きです
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/21-2265db8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。