--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.06 月おとこ
IMG_3807.jpg

お月様にのんびりとすわりこんでいる月おとこ
月空のもと毎晩楽しく踊る人々を
うらやましく空から眺めてばかりでしたが
ある日流れ星に乗じて地球におりてきます
インベーダーだとつかまって牢屋へ入れられてしまいますが
そこは月おとこ!月の満ち欠けにつれて彼も同様に
鉄格子の窓から逃げられるまでにやせていくのでした
逃げた先で仮装パーティにまぎれこみ
念願のダンスを堪能しますが…

中秋の名月ということで、私もお月様の絵本を…
お月様に顔というのがわりと定番ですが
手足も身体もあって月の円の中にすわっている月おとこ(↓左)
ちょっときゅうくつそうだけど気のいいおじさん?
トミー・ウンゲラーのユーモアあふれる世界が広がります
夜の黒が背景の中、青白く光る月おとこが半月になって
やせた姿も笑いをさそいます(↓右)
テキストも簡略でストーリーもテンポよく進むので
小さい人でも楽しめるのではと思います
月の満ち欠けがこの絵本で1番のポイントです
やせるのを待って、月に戻るためのロケットに乗り込み
無事に月へと帰っていきます
今日も空からみんなをのんびりみつめているのでしょうか…
雨続きで残念、早くきれいなお月様が見たいです
(トミー・ウンゲラー作 たむらりゅういち・あそうくみ訳
                   評論社 1500円)
IMG_3800.jpgIMG_3796.jpg


この絵本を置いて撮影した子どもたちのキッチン
小学生の人が1歳の頃、木製のキッチンがほしくて
でもあまりにも高価なのでオットに作ってもらいました
製作図は私が作ったので多少ずれているところもあります
当時は勢いがあったな自分(とオット)、と今となっては思います
勢いだけで作りました
IMG_3778.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/163-7d4473c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。