--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.15 グリムの童話


グリム童話…おおかみと7ひきのこやぎや
白雪姫など、おなじみの物語が数多く収録されています
また題名だけでは思い当たらなくても
読み進むうちに記憶が呼び覚まされる話もあります
グリム童話というのは、グリム兄弟が作った話なのかと
思っていたら、そうではなく伝承や昔話などを
彼らが編纂したものでした
初めは大人向けだったものを版を重ねて子供向けに
していった最終の第7版の原書をもとに訳されています
改めて読むと、どの話も魅力的でおもしろい話ばかりです
白雪姫などアニメや本によってストーリーは
さまざまですが、この結末は残酷だけどすっきりしました
挿絵がほとんどないし、始めは読み聞かせてやるのが
最適ではと思います
私は1日1話読んでいたのですが(長いものは数日かけて)
読んでいるこちらの方がひきこまれてしまい
やめられなくなることがよくありました
娘から、これはあの絵本の話だねとか
日本の昔話にも似てる話があるねとか
そういう会話も聞かれて嬉しく思ったりもしました
(佐々梨代子・野村滋訳 こぐま社 1600円)



↑はおなじみの物語がモチーフのボードゲーム
ザーガランドです
森の木の下にかくされた不思議な品々を
探し出して、お城に駆けつけてその在りかを知らせれば
その品は自分のものになります
木までたどりついて、こっそりその品を確認し
その場所を記憶しておかなければならないし
他者を城へ着けなくしたり、目的の品を変更させたりと
お互いを妨害する駆け引きも含まれるすごろくゲームです
目的となる品がそれぞれ童話由来のもので
裸の王様の王冠、シンデレラのガラスの靴、
長靴をはいた猫の長靴、あかずきんのおおかみ、
ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家のお菓子…
小学生の娘とかなり盛り上がって遊びます
対象年齢は6歳以上です

我が家ではボードゲームやカードゲームなど
かなりはまっていて数種類ありますが
今はこれと人生ゲームが人気です
どちらも1回が長いのがちょっと困り者です
(小学生の人は負けず嫌いなので、自分が負けると
再戦を要求するので)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hinatabokko1998.blog62.fc2.com/tb.php/102-fd0bb045
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。