--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.19 梅シロップ
梅氷

今年の梅シロップは、凍らせずにそのままで漬けてみることにしました。
ビンをよく振れるように、青梅は500グラムずつ2ビンに分け
少しのホワイトリカーに、1つは氷砂糖、もう1つは三温糖の2種類。
始めのうちは、氷砂糖の方がどんどん溶けて水分の出も多かったです。
うきうきとビンを振って、沈殿した砂糖を溶かしては
水面に浮く梅の実を乾かさないように気をつけていたのに
(オットは、私のこの様子を見ると、あー6月だなーと実感するそうです。
 我が家の風物詩となりつつある、ビン振り…)
10日目くらいに泡が出てきてしまって、発酵し始めてしまいました。
よく振れるように、キッチンのカウンターに置いていたのが悪かったのでしょうか…
12日目には振ったときの泡があまりにも多くて
これは炭酸水でも入れたのかと思うほどだったので
あきらめて、梅を取り出してシロップを一煮立ちさせ、泡をとりのぞきました。
三温糖の方は、もう数日置いてみようと思います。
さて、梅シロップで、梅かき氷♪
梅シロップに、先日の甘露煮をのせただけというそっけなさですが
これがおいしいのですよー!

梅シロップ初日 梅シロップ5日目

                                    いちごミルク氷

小さい人は春先に作っておいた、いちごシロップにコンデンスミルクの
ダブル掛け、あまーいいちごミルク氷。

              ***

通園バスのポイントになっている家の軒先には
きれいなあじさいが、たくさん咲いていて毎朝嬉しくなります。
今朝、ハハはあじさい豆知識を、小さい人に披露してやろうと思いつきました。
「あのね、あじさいってこれがお花みたいだけど花びらじゃないんだよー
 この真ん中の小さーいのが本当はあじさいのお花なんだって!」
小さい人は興味津々で、ハハに疑問を投げかけてきました。
『じゃあこの花びらみたいだけど花びらじゃないのは、なあに?』
「これはね、がくなんだって」
『ふーん、お笑いの人みたいだね、がくっだって、はははー』
そう言った小さい人は、ひざを追ってずっこけていました…



昨夜読んだ本

昨夜読んだ本
「赤毛のアン」モンゴメリ作 村岡花子訳 ポプラ社
「ボルカ  はねなしがちょうのぼうけん」ジョン・バーニンガム作
                           きじまはじめ訳 ほるぷ出版
「こねこのピッチ」ハンス・フィッシャー作 石井桃子訳 岩波書店



スポンサーサイト
2008.06.11 お弁当袋
お弁当セット

                               内側…

小学生の人のお弁当袋とランチョンマットを作りました。
作る前にどんな感じがいいか聞いたところ、かえってきた言葉が
「無難にかわいいやつ」(←なんという言い草!)
出来上がりには、ご満足いただけたようですが
4年生になって、いよいよ少しずつ、むむむなお年頃に向かっています。

パターンは、彼女が入園時に購入した(何年前だ?)
「お気に入りの通園&通学グッズ」戸崎尚美 文化出版局を参考に
布の切り替えやサイズなど手を入れています。
底と持ち手に接着芯(少し厚め)を入れ
最後に大きめの貝ボタンを縫いつけてみました。
久しぶりのミシンは楽しくて、はまってしまい、ちょこちょこ作っています。




ザ・マジックアワー

月曜日、代休だった小学生の人といっしょに
楽しみにしていた「ザ・マジックアワー」を見てきました。
おもしろかったですよー!いっぱい笑いました。
私も「アンタッチャブル」大好きなので
彷彿とさせるシーンや人物の登場に、心をくすぐられたし
ほかにもいろいろ小ネタが散りばめられていました。
三谷氏びいきを差しひいても、佐藤浩市に西田敏行に寺島進の面々に惚れ惚れ…
ツマブキくんももちろん良いです♪←年甲斐もなくファン
見終わった後、小学生の人と
あそこが、ここが、と思い返して、また笑いました。
宣伝通り、ほんとに少し元気をもらったなーという感じです。
でも、実際の評判は賛否両論なのでしょうか?
私は楽しかったのですっかり満足ですけど…
あまり情報を仕入れずに見たのが良かったのかな?

…でも、プログラムは正直物足りない内容でした。(ブルータスの方がおもしろかった)


昨夜読んだ本
「赤毛のアン」モンゴメリ作 村岡花子訳 ポプラ社
「あつさのせい?」スズキコージ 福音館書店
「カエルとカレーライス」長新太 福音館書店



2008.06.06 青梅の甘露煮
青梅の甘露煮

梅の季節がやってきましたねー♪
手始めに、大好きな甘露煮を作りました
工程はカンタンなのだけど
毎年、皮が破けてないか、どきどきしながら鍋を見つめてしまいます
そんな時間もけっこう楽しいです


毎日のあれこれに流されて、気づけばずっとお休みしていました
今後も、のんびりペース、気まぐれ更新になってしまいそうですが
どうぞよろしくお願いします


甘露煮の手順↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。