--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.02.27 全粒粉のワッフル(リエージュタイプ)
全粒粉のワッフル

今日のおやつにベルギーワッフル(リエージュタイプ)を焼きました
柳瀬久美子さんの「ワッフル焼こう」のレシピで
粉の半分は全粒粉、ブラウンシュガーとパールシュガー入りです
焼きたてにバニラアイスとプルーンジャム(←在庫)を添えて♪


我が家は自営の工場(←こうば)の裏に隣接しているので
でかける時はその工場の窓を開けて、声をかけています
小学生の人も、登校時と帰宅時には一人で窓を開けて
大声で(機械がうるさいので大きくないと聞こえない)
「いってきます」「ただいま」と挨拶しています
なので、そろそろ学校から帰ってくるかな~と待っていると
「がらがら~(←窓を豪快に開ける音)ただいま!」の声が
家の中にもうっすら聞こえてきます
今日は帰ってきたのに「いってきます」の声が聞こえてきました
しかも帰宅した本人は間違いにまったく気づいていない様子でした
彼女はそういう間違いが時々あるのですが
パパとママや、じいじとパパの呼び間違いに始まり
起きてきたのになぜか「おやすみ」と言ったり←ねぼけてる
これから食べるのに「ごちそうさまでした」と言ったり…
私に向かって「ねえ先生~」と呼びかけることもしばしば…
その逆は相当恥ずかしいと思うけど、学校では大丈夫なのかな…


昨夜読んだ本

昨夜読んだ本(上2冊は小学生の人)
「雪の女王」アンデルセン作 ラース・ポー絵 大塚勇三訳 福音館書店 ←ようやく終了
「くもの日記ちょう」長新太作 ビリケン出版
「もりのともだち」マーシャ・ブラウン作 やぎたよしこ訳 冨山房
「もしゃもしゃちゃん」マレーク・ベロニカ作 みやこうせい訳 福音館書店
「きみなんかだいきらいさ」ジャニス・メイ・ユードリー文 モーリス・センダック絵 冨山房
スポンサーサイト
2007.02.25 牛乳パン
牛乳パン

また高橋雅子さんの「少しのイーストでゆっくり発酵パン」から
基本の牛乳パンを焼きました
油脂なしだけど、牛乳効果で中は柔らかいです
今日は室温でオーバーナイト
いい感じに一次発酵していました
分割する時に生地がひんやり冷たくてびっくり!(当たり前だけど)
二次発酵30℃で45分となっているのですが
発酵器がないし、私のやり方もよくないのでしょう
30℃までは上げられていないようで
そのせいか釜伸びがちょっと足りない気もします
本ではホットカーペットの上に置くと良いとあるのですが
小さい人の攻撃が怖くて置けません…
もう少し気候が良くなってきたら
もっと適温に近づけると思うので楽しみです

クリスマスローズ

ベランダに放置(!)しているクリスマスローズが咲きました♪
ここのところのお天気でクロッカスやチューリップも
どんどん大きくなってきて、ちょっと早すぎでは…と不安です


昨夜読んだ本

昨夜読んだ本(小学生の人、夜更かしのためなし)
「てぶくろ」ウクライナ民話 ラチョフ絵 うちだりさこ訳 福音館書店
「どろんこハリー」ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 福音館書店
「わたしとあそんで」マリー・ホール・エッツ作 よだじゅんいち訳 福音館書店
2007.02.24 桜あんぱん


桜の塩漬けと桜あんを使って桜あんぱんを焼きました
e-ぱん工房さんのパンプキンあんぱんの生地と成形で
桜あんは先日クオカ便で♪
この桜あん、春の時期だけの限定品で、なかなかおいしいです
桜の葉が入ってるので風味が良いです
はさみで切り込みを入れるのですが、少し浅かったのでお花の形が
いまいちです(涙)
普通にへそあんぱんの成形にすればよかったかな…
左は照卵をして、右はなしで焼いてみました

IMG_4834.jpg



IMG_4837.jpg

昨夜読んだ本
「雪の女王」アンデルセン作 ラース・ポー絵 大塚勇三訳 福音館書店
「たまちゃんのすてきなかさ」かわかみたかこ作 偕成社
「おちゃのじかんにきたとら」ジュディス・カー作 童話館出版
「パンやのくまさん」フィービとセルビ・ウォージントン作 福音館書店

今日はオットも仕事だし、花粉症にはおそろしい強風だし
そうだ!いい加減にミシンかけにとりかかろう!(入園準備)と
決心して、サイズや型紙などを確認して、いざ裁とうと
しばらく前に用意してあった布をだしてきてがっくり…
水通しするの忘れてました…
2007.02.23 マカダミアチョコのパン
マカダミアチョコのパン

先日購入して眺めてばかりだった高橋雅子さんの
「少しのイーストでゆっくり発酵パン」の本から
ようやく初焼きです(腰重すぎ!)
基本のプチパンの応用編となってる
マカダミアチョコのプチパンにトライしてみました
中にマカダミアナッツ2つとチョコチップ(レシピではきざみチョコ)が入っています
クープもう少しいさぎよくいれれば良かったな…
でもイースト少な目で長時間発酵のパン、とってもおいしかったです♪

昨夜9時頃こね終わり(いつもようにHB使用)ボウルに入れて
冷蔵庫の野菜室へ…冬は室温でとあったのだけど
朝5時起きして発酵具合を確認する気合がなく←おいおい!
朝6時半に取り出してみると1.3倍くらいの発酵具合なので
しばらく放置すること1時間半、分割、ベンチ20分
2次発酵、焼きあがったのは10時頃でした
今日はリトミックの日なので、この時間でも良かったけど
次回は室温でオーバーナイトしてみようと思います

半割り♪


今日は久々の雨…花粉症には恵みの雨ですが
小さい人のおでかけにはちょっと困ります
つるつるすべりそうなトコロをわざと足をすべらせて歩く小さい人
「すけーとだお~♪」←やめてほしい
案の定すべってしりもちをつきそうになるも
手をつないでいたおかげで、反り返るだけでなんとかセーフ…
「ママ~今、すごいイナバウアーだったね」←お気楽…
本当にやめるように真剣に注意する母の言葉の途中で
今度はとうとうすってんころりん…
「ぎゃあ~濡れた~冷たい~痛い~」
しかも泣き止んだと思ったら
「さっきはジャンプ失敗だったから、今度はがんばる!」
ジャンプって…頑張らないで下さい…

昨夜の本

昨夜読んだ本
「雪の女王」アンデルセン作 ラース・ポー絵 大塚勇三訳 福音館書店
「てぶくろ」ウクライナ民話 ラチョフ絵 うちだりさこ訳 福音館書店
「みんなみーつけた」きしだえりこ作 やまわきゆりこ絵 福音館書店
「ことばのべんきょう4くまちゃんのかいもの」かこさとし作 福音館書店
2007.02.22 プルマン
プルマン

プルマンが焼きたくなりました
今日はホワイトラインが出てくれて嬉しい!
だけど、ちょっと角が坊主ぎみかも…
粉は、はるゆたかを使用しました、やっぱりおいしいです♪
焼き上がりが夕食中だったので、家族でそろって
ほかほかのパンを食べてしまいました
魚の煮付けに、筑前煮、きゅうりとわかめの酢の物他なんていう
思いきり和食メニューなのにもかかわらず…


ブーケ

先日、結婚記念日をむかえました…
恥ずかしながら、もう12回目です!
↑はブーケの押し花です(下の方に名前と日付が入ってます)
けちんぼな私は誰にもあげずに、押し花にしてもらったのでした
あ、でも受付を担当してくれた、当時未婚だった友人2人には
同じ花材で小さめのブーケを用意してプレゼントしました
学生の頃、花屋でバイトしていたことがあって
好きな花がいっぱいあったので、それらだけでブーケにしたくて…
かなり変色してきているけど、白メインで黄緑、黄色
オレンジを差し色に野の花風のアレンジをリクエストしました
クリスマスローズ、スノードロップ、スカビオサ、
ラナンキュラス、オーニソガラム、ミニレースフラワー…
季節は早かったけどすずらんも、無理言って探してもらいました
毎年、その好きな花たちで記念日を祝いたい!と
乙女な希望を持っていたのですが
それも2、3年目までですっかり終わり果て
今では、使った花も一部は忘れてしまいました(涙)
まぁ私なんてそんなもんです、ほほほ♪
記念日もすっかり忘れていて、義母に教えてもらう始末ですから…


昨夜の本

昨夜読んだ本(小学生の人は左1冊)
「雪の女王」アンデルセン作 ラース・ポー絵 大塚勇三訳 福音館書店
「てぶくろ」ウクライナ民話 ラチョフ絵 うちだりさこ訳 福音館書店
「ゆきのひのゆうびんやさん」こいでたん文 こいでやすこ絵 福音館書店
「ふんふん なんだかいいにおい」にしまきかやこ作 こぐま社
2007.02.21 チーズツイスト


チーズツイストを焼きました
エダムチーズパウダーが香ばしくておいしいパンです
焼いている間中、良い香りが充満していました
今回はe-ぱん工房さんのレシピで焼いてます


今週は小さい人が発熱して(もう下がったので大丈夫です)
耳鼻科に行く予定が狂ってしまいました
花粉症のおかげでここのところかなり絶不調だし
特に朝晩、症状が激しくて困ります…
鼻の下、痛いし(涙)

IMG_4823.jpg

昨夜読んだ本(左1冊が小学生の人)
「雪の女王」アンデルセン作 ラース・ポー絵 大塚勇三訳 福音館書店
「ゆきむすめ」岸田衿子文 スズキコージ絵 ビリケン出版
「たろのえりまき」きたむらえり作 福音館書店
「ちいさなしろくまくんのおはなし」ドロシー・シェリル作 こぐま社
2007.02.20 ゆきむすめ
ゆきむすめ

子供のいない老夫婦が雪で作ったかわいいゆきむすめ
出来上がったと同時ににっこり笑い動いたその女の子を
二人は我が子のようにかわいがりますが
春が来ると、元気がなくなり外には出たがらないようになりました
ある夏の日、子どもたちは無理やり彼女を森に連れ出します…

岸田衿子さんの文に、スズキコージさんの絵です
ゆきむすめがとーってもかわいらしくて
雪景色や雪のモチーフも美しくて
メルヘンな雰囲気なのがちょっぴり意外なのですが
なんと、コージさんのデビュー作なのだそうです
(これは版元を変えて復刊されたものです)

ゆきむすめは、みんなの前から消えてしまいますが
空に上っていったのだと思わせるラストページでは
そのアングルが効果的で、はかなさが増します…
タイトルのページの雪に埋もれる家も趣があって好きです
雪の絵はお得意なのだそうです→こちら

この辺りは、今年は雪が降りそうもないです
雪には慣れていないので、ちょっと降ると交通やらもろもろが
パニック状態になってしまい、大変なことではありますが
1年に何度かは、しんと静かな雪の日があってもいいのに…
なーんて思ってしまいます
秋田に住む妹には「いつも雪に埋もれていたらそんな風には
ぜったい思わないよ」と言われてしまいますが…
(岸田衿子文 スズキコージ絵 ビリケン出版)
雪…かわいい♪


昨夜読んだ本(小学生の人はまたまたなし)
「エンソくんきしゃにのる」スズキコージ作 福音館書店
「いちご」平山和子作 福音館書店
「びょうきのブルンミ」マレーク・ベロニカ作 風濤社
昨夜読んだ本

2007.02.19 オレンジとチョコのパン
オレンジとチョコのパン

ココア生地にスライスオレンジピールとチョコチップを
巻きこんでワンローフで焼きました
型から出すときにちょっと落としてしまい
腰折れしてますが、すごくおいしいです、くせになりそう♪


お絵かき♪  後ろは黒板

日曜日は都内を避けて、船橋のIKEAに行きました
半年ぶりくらいですが、オープン当初の大混雑よりは
いくぶん落ち着いた感じでしょうか…
それでも我が家同様、朝一派も多かったです
今回の目的の一つだった↑子供用のお絵かきイーゼル
ロール紙をセットすることもできるし
下のボードに水性マジックで書いては消して遊ぶこともできます
裏面は黒板になってます(我が家では使用禁止ですが…)
カタログやお店で見るよりも、家に持ち帰ると大きく感じます
ひとつ残念なのはマグネットボードではないこと…
磁石はつきません(涙)
まあ2900円というお値段ならしょうがないとも思います


昨夜読んだ本

昨夜読んだ本(左1冊は小学生の人)
「雪の女王」アンデルセン作 ラース・ポー絵 大塚勇三訳 福音館書店
「ゆきむすめ」岸田衿子文 スズキコージ絵 ビリケン出版
「おおさむこさむ」こいでやすこ作 福音館書店
「おなかがいたいこねずみ」こどものとも年少版2007/2
2007.02.18 よもぎと小豆大納言のパン


先日、友人宅で大納言は冷凍保存がいいという話を聞いたので
冷蔵庫を確認したら、賞味期限を2日過ぎた未開封の
小豆大納言を発見してしまいました(また!)
冷凍どころではありませんでした…
なので、今日はよもぎ入りの生地に
小豆大納言を巻き込んでくるくる巻いて焼きました


今日の第1回東京マラソン、外出していたので(都内は避けて!)
きちんとは見てないのだけどなんだかいいな~と応援のキモチでした
普段走ることとは無縁の私ですら
ちょっと出場してみたいというキモチになりました
(ちょっと思っただけです、もちろんムリ)
東京観光しているみたいなコースですものね
西新宿の都庁前をスタートする3万人の映像に
なんだかどきどきわくわくしてしまいました
来年はどこかで旗振ってテレビに映ってるかも、私♪


昨夜読んだ本
「もりのてがみ」片山令子文 片山健絵 福音館書店
「とんとんとめてくださいな」こいでたん文 こいでやすこ絵 福音館書店
遅くなってしまったので小学生の人はなしです
2007.02.16 ホテルブレッド
ホテルブレッド

ホテルブレッドを焼きました
今日は釜伸びもクープも今ひとつでした…
分割、ベンチタイム後の丸めなおしが今の課題です
どうもさわりすぎてる感じがします

断面~


昨夜「テレビチャンピオン」(東京12チャンネル)
子供地理王大会だとかで、地理のクイズがおもしろくて
つい楽しく見てしまいました
そのうち、グーグルアースで世界遺産や名勝史跡などを
ズームしていき、その名称を答えるという問題がありました
アンコールワットやナスカの地上絵などにまじって出題されたのは
日本、大阪の古墳…その形からして前方後円墳
「仁徳天皇陵だ!」と思った次の瞬間
テレビの中のお子様の答えは「大仙古墳」ピンポーン正解!
え~???違うの~???
なんと考古学の研究が進み、現在では仁徳天皇陵ではないことが
判明しているそうな… そ、そうなんだ… 知らなかったよ…
これってもう常識なのでしょうか…あ~(涙)


昨夜の本

昨夜読んだ本(右1冊が小学生の人)
「雪の女王」アンデルセン作 ラース・ポー絵 大塚勇三訳 福音館書店
「てぶくろ」ウクライナ民話 ラチョフ絵 うちだりさこ訳 福音館書店
「ゆきむすめ」岸田衿子文 スズキコージ絵 ビリケン出版
「スースーとネルネル」荒井良二作 偕成社
2007.02.15 パン教室
梅

今日はパン教室でした
持ち帰ってきたパンとsayuri先生にいただいたイノダのコーヒー
一緒に習っている友人が帰りに持たせてくれた梅といっしょに♪
今日はメッシュブレッドとタイガーロール
いつかは…のメッシュ型、なかなか難しそうですが
このぷちぷちのクラストがおいしいです
タイガーロールもひびわれた表面がたまりません♪
メッシュブレッドタイガーロール

今日もカフェさながらのランチメニューです
忙しいのに、いつも手抜きのないおしゃれでおいしいランチに
感激、満腹の私と小さい人(←またたくさん食べた)です
きょうのデザートはクリームチーズのプリン、メープルシロップがけ
昨日焼いたチョコレートのケーキ、持っていこうと思って
袋に入れたはずが見当たらず、ひそかにがっくりしていたのですが
帰宅してみたら、玄関にありました
そういえば出掛けに小さい人が「チョコレート食べたい」と
騒いでいたのはこれだったのか…あぁ…
焼きたてパンでランチ♪

デザート♪

2007.02.14 ダブルチョコレートのケーキ


チョコレートとココアパウダー入りの生地に
チョコチップがたくさん入ったダブルチョコレートのケーキ
稲田たかこさんの「毎日のように(中略)ぜったいおいしく作れる
焼き菓子レシピ」からです
バレンタインということで焼いてみました
小学生の人もパパやじいじや友人などにと
前日私といっしょに焼きました
いちごジャムブラウニーです↓
「天然生活」にのっていたのを思い出して
生地は違うレシピで(もう十年くらい前の雑誌)
昨日のダブルベリーのジャムをトッピングしました
中はくるみでなく、アーモンドがごろごろ入っています
IMG_4775.jpg


昨夜読んだ本(上1冊は小学生の人)
「雪の女王」アンデルセン作 ラース・ポー絵 大塚勇三訳 福音館書店
「みつばちバジーちゃん」やまだうたこ作 偕成社
「かばさん」やべみつのり作 こぐま社
「おなかがいたいこねずみ」こどものとも年少版2007/2
昨夜の本

2007.02.13 ダブルベリーのジャム
ベリーベリーなジャム♪

いちごとラズベリーのジャムを作りました
チョコレートの焼き菓子にはベリー系のジャムがあると
嬉しいなと思って…
(まだいっぱい消費しきれないジャムがあるのですが…)
いちごだけよりも、ラズベリーを加えると酸味が増して
とってもおいしいし、色もきれいに仕上がります♪
いつもはゆるめで仕上げるのですが
お菓子やパンに使えるように少し煮詰めてみました
果実の煮えてくる時の香りはたまらなく大好きな私
なかでもベリー類の香りは最高です~←あぶない?

始めに果実にレモン果汁と砂糖をまぶして3~4時間おいておきます
この時間があると、よりおいしく出来上がる気がします
(ただ気がするだけかもしれませんが…)
中~強火で短時間で煮て、アクはこまめにすくいます
砂糖をまぶして果汁が出たら火にかける
たまには温度計も登場ビンは煮沸してトングで
いつもではないけど、温度計(200度計)で確認することもあります
レシピによっては温度が書いてあったりするのだけど
作る量などによっては、なかなかその温度に到達しにくい気がします
保存ビンは必ず同時進行で煮沸しています
1度にたくさん作るのも楽しいけど
少量だと手軽にすぐできて、それもまた良しです
今日はいちご1パック、その半重量のラズベリーで
2ビンできました(1ビンの容量180ミリリットル)
(覚書 いちご:ラズベリー 2:1 
       フルーツシュガー 重量の60パーセント×0.7)


昨夜の本

昨夜読んだ本(右2冊は小学生の人)
「雪の女王」アンデルセン作 ラース・ポー絵 大塚勇三訳 福音館書店
「はっぴいさん」荒井良二作 偕成社
「ねむいよねむいよ」長新太作 こぐま社
「おなかがいたいこねずみ」こどものとも年少版2007/2
「チリとチリリ」どいかや作 アリス館
2007.02.12 パン・ド・カンパーニュ
カンパーニュ

今年の目標パン、カンパーニュを焼きました
ライ麦粉切れてしまったので、グラハム粉を1割入れてみました
ポーリッシュ法という、一晩置いた水種(↓)で…
今日は高さも足りませんでした(涙)
クープもあいかわらずなので、焼成方法も少し考えてみた方が
よさそうです
また頑張ります♪

IMG_4727.jpg



昨夜の本

昨夜読んだ本(右2冊は小学生の人)
「アイスクリームの国」バージェス文 テスター絵 長田弘訳 みすず書房
「マドレンカのいぬ」ピーター・シス作 松田素子訳 BL出版(図書館の本)
「こぐまちゃんとどうぶつえん」わかやまけん作 こぐま社
「あるけ あるけ」長新太作 こぐま社
「ことばのべんきょう2 くまちゃんのごあいさつ」加古里子作 福音館書店

数日前からくしゃみや鼻水におそわれてしまい
あ~風邪ひいた!気合だ~!とか思っていたのですが
昨晩とっても目がかゆくなり
これは風邪でなく花粉症だと気づきました←おばか
毎年3月になってから症状が出るのに、今年は早いです(涙)
早々に耳鼻科に行かなくては…

(追記)私のブログの画像ですが、なぜだかわからないけど
表示できなくなってます(涙)
私、なーんにもしてないのに管理画面でも画像が呼び出せません
私と同じ62サーバーの方にも同様のことがあるようなので
fc2サイドの問題だと思いますが
画像のバックアップほとんど残ってないので
直らないようならどうしましょう…
fc2さん何したのよ~!!!!!

2007.02.11 チーズ入りコーンパン
IMG_4717.jpg

コーンミールが2割入った生地に角切りのチーズを
たくさん入れて、チーズ入りコーンパンを焼きました
また藤田千秋さんの「雑穀と豆のパン」からです
本では24分割(粉300グラム)ですが
気が遠くなりそうなので12分割です


昨夜の本

昨夜読んだ本(右2冊は小学生の人)
「海べのあさ」ロバート・マックロスキー作 岩波書店
「きっとみずのそば」石津ちひろ作 荒井良二絵 文化出版局
「ドオン!」山下洋輔文 長新太絵 福音館書店
「ピッツアぼうや」ウィリアム・スタイグ作 セーラー出版
「きっとみずのそば」は小学生の人も好きですが
最近小さい人もお気に入りです
まだ理解できないと思うのですが、なぜか好んでいます


小学生の人の連絡網の話です(グチってます)
     ↓
2007.02.09 オレンジロール
IMG_4737.jpg

みかさんのシトロン(レモンピール入り)をアレンジして
オレンジバージョンにしてみました
スライスオレンジピールをたくさん入れて
レモンアイシングにもオレンジジュースを加えて
オレンジアイシング(?)にしてみました
レモンほど主張しすぎず、これはこれでおいしかったです


パン!パン!パン♪

昨夜読んだ本
「ランパンパン」インド民話 マギー・ダフ再話 アルエゴ&ドウィ絵 評論社
「アバディのパン」木葉井悦子作 ほるぷ出版
「パンやのくまさん」フィービとセルビ・ウォージントン作 福音館書店
「ほかほかパン」こどものとも2004/12 スズキコージ作
今日のテーマは、そう!パンです♪
一つだけ食べるパンじゃないのがありますが…
この「ランパンパン」ですが、NHK教育の「おはなしのくに」で
何年も前に加平慈英さん(そうなんです!)の回にて
放送されていました
彼の熱い感じとマッチしてすごく良かったので
何度も再放送を見て楽しみました
(加平さん、舞台で活躍されてるの納得でした)
それ以来、この本に何度も出てくるくろどりの歌は
もちろん加平バージョンです
2007.02.08 紫いものマフィン


冷凍しておいた紫いものマッシュ
年末に使い切ったつもりでいたのに
冷凍室もうひとつの方からまた出てきました(涙)
冷凍とはいえ、まだ使っても大丈夫なのかな…と
少し不安を感じつつも、そこは私、使ってしまいます!
紫いもパウダーも加えて、マフィンを焼きました
お芋効果でしっとり、ほんのり甘いのが嬉しいです
バター塗って焼いて…ぱくぱくいっちゃいます
おなかの方も無事でした~


買いました~

昨年の11月末に買った粉たちが
ずいぶん心細くなってきたので注文しました
ケーキの飾りが欲しかったので、今回はクオカ便にしました
2.5キロ入りの粉が3袋…
いつも思うけど、こんなに買っちゃって…ぷぷぷ
小さい人も心得ていて、うきうきして共に箱を囲みます
10キロの身体では相当重いだろうに、自分の仕事だと言って譲らず
出した粉袋を全部運んでくれました
「世界一疲れた」そうです、お疲れさまです…


IMG_4738.jpg

昨夜読んだ本(上2冊は小学生の人)
「ワニのオーケストラ入門」エリオット文 アロウッド絵 岩波書店 ←終了
「しあわせなふくろう」ホイテーマ文 チェレスチーノ・ピヤッチ絵 福音館書店
「ふんふんなんだかいいにおい」にしまきかやこ作 こぐま社
「あるけあるけ」長新太作 こぐま社
「はらぺこあおむし」エリック・カール作 偕成社
2007.02.07 エンソくん きしゃにのる
エンソくんきしゃにのる

エンソくん、汽車で一人旅をします
緊張のあまり、切符を買うのに行き先を言い間違えたり
始発で一緒に乗り込んだおばさんとトンネルの暗闇に驚いたり…
途中の駅で駅弁を買って(この駅弁がまたすごい!)
そこから乗り込んできた羊飼いが連れているたくさんの羊と
共に食事をし、お昼寝をして…
おじいちゃんの待つ終点へと汽車は走ります

スズキコージさんのダイナミックな汽車の絵に
心奪われます
そしてたくさんの羊たちも…(ちょっとこわい)
テキストがすごくシンプルなので
エンソくんの言葉や気持ちは文字には出てこないけれど
ひとつひとつの出来事にどきどきしたり楽しんでいる(であろう)
エンソくんの胸中がより伝わってくる感じがします
汽車の音もほとんど出てきません
出発する時の「ぽーっ」だけです
後はそれぞれ自分の音で楽しめばいいのです、きっと
ホゲタの町きしゃは町をぬけて

スズキコージさんの絵本には
いくつか同じキーワードが出てくることがあって
この絵本では駅名になっているホゲタとホイサに
にやりとしてしまいます
福音館のこどものともブログに
この絵本にまつわる興味深い話がのっていました→こちら
堀内誠一さんも大好きなので、こうしてコージさんとつながるなんて
なんだかとっても嬉しかったです♪
スズキコージさんに、はまり始めたばかりで
まだまだ読んでない作品ばかりなのですが
勢いでカテゴリ作っちゃいました!
少しずつ読んで楽しみたいと思います
(スズキコージ作 福音館書店 第36回小学館絵画賞)
羊数えてたら眠くなる…


昨夜読んだ本

昨夜読んだ本(遅くなったので小さい人だけ)
「もりのてがみ」片山令子作 片山健絵 福音館書店
「わたしのワンピース」にしまきかやこ作 こぐま社
2007.02.06 豆入りもちきびのパン
豆入りもちきびパン

藤田千秋さんの「雑穀と豆のパン」より
もちきびのパン、えんどう豆入りを焼きました
豆ごはんにしようと思って買ってあった豆でしたが
本をぱらぱら眺めていたら
「豆ごはんのパン版です」という一文に惹かれたので…
さて、毎度ながらこのもちきびのパン、ゆでたもちきびの
水分量が多く、いつもべたべたの生地になってしまいます
今回塩茹でした豆を入れたので、さらに成形しにくくなり
丸めるのも、それそれは大変でした…
でも焼けたパンは塩味が利いて
しっとりもっちりでおいしかったです


4月に幼稚園入園を控える小さい人ですが
入園前のプレ幼稚園とでも言うべき未就園児教室に
秋から週1で通っています
いろいろ悩んだのですが、小学生の人が通ったのとは違う園です
彼女はアトピーが当時とてもひどかったので
そういうもろもろの面での希望にかなった幼稚園に
私が毎日車で送迎していました(しかし遠かった)
その園にはとても満足していたので
小さい人もそこに入園させたかったのですが
なにしろ片道20分強の1日2往復をまた3年間
園のお友達とも気軽に遊べないし
小学生の人の学校行事とのかけもちを考えても
やはり近所の園にする方が良いだろうと考えて
違う園に決めました
しかしながら…毎週プレ教室に通っていると
どうしてもいろいろ比較してしまい、ひそかに後悔したりしています
かといって、変更することはやはり考えられないので
ここは振り切って、きっと住めば都だと思うようにしていますが
しばしば、あぁ~やっぱり…なんて悶々としています
そんなこと考えてないで、早く縫い物に取り掛かりなさい自分!
なんですけどね…


昨夜読んだ本

昨夜読んだ本(右2冊は小学生の人)
「ワニのオーケストラ入門」エリオット文 アロウッド絵 岩波書店
「ヨンイのビニールがさ」ユン・ドンシェ文 キム・ジェホン絵 岩崎書店
「ふんふんなんだかいいにおい」にしまきかやこ作 こぐま社
「ゆきのひのゆうびんやさん」こいでたん文 こいでやすこ絵 福音館書店
2007.02.05 金柑の甘露煮


金柑の甘露煮を作りました
生食でいただくのも好きだけど、これを作っておくと
お茶に入れたりお菓子に使ったりできて楽しいです
種を取るのがちょっとだけ手間だけど
それ以外はいたって簡単です

始めに金柑をよく洗ってへた?部分をとりのぞきます
それから包丁で縦に6~8本ほど切り込みを入れます↓
沸騰した湯で2分ほど下茹でしてざるにあけて
竹串などを使って、中の小さな種をとります
鍋にひたひたの水、砂糖、レモン汁少量とともに入れて
弱~中火で煮ます
長く煮すぎると色が悪くなるので注意です
シロップに程よいとろみと照りがでてきたら出来上がり
砂糖の量はお好みで金柑重量の5~8割ぐらい
一部をはちみつや水あめに変えてもおいしそうですね♪
出来立てよりも、何日か置いて味がなじんでからの方が
よりおいしい気がします
IMG_4683.jpg



IMG_4708.jpg

昨夜読んだ本(右2冊が小学生の人)
「ワニのオーケストラ入門」エリオット文 アロウッド絵 岩波書店
ものいうほね」ウィリアム・スタイグ作 評論社
「わたしのワンピース」にしまきかやこ作 こぐま社
「おなかがいたいこねずみ」こどものとも年少版2月号
「ことばのべんきょう4 くまちゃんのかいもの」かこさとし作 福音館書店
2007.02.04 ショコラ
ショコラ

今日は甘いものが食べたくて、みかさんのショコラを焼きました
1日おいた方がおいしいと本に書いてあるし
自分でもそう思うのだけど
待ちきれず焼きたてをぱくぱく食べてしまいました

昨日はようやく初滑りに行くことができました
4時半に出発して渋滞もなく7時半に北軽井沢に到着
小学生の人が生まれてからは、こちらに行くことが多いです
私と小さい人はそり滑りなど雪遊びに興じて、午後は車でお昼寝
小学生の人はオットとひたすら滑っていました
まだボーゲンだけど、滑るのが楽しくて仕方ないようです
帰りは、温泉に入ってリフレッシュして
(ここおすすめです、お湯もわりといい感じです
 ただし夏などオンシーズンは激混みでした)
横川SAで峠のかまめし(横川駅の駅弁)を食べて帰宅しました
かまめしの隣の小さいのは、小梅や山ごぼうなど
かまめしに付いてくる漬物のおみやげです
義父母へのおみやげ用のかまめしといっしょに
この小さい釜がかわいらしくて、つい購入しちゃいました
いいお天気♪ 峠のかまめし


昨夜読んだ本(上の1冊は小学生の人)
「ウッレのスキーのたび」エルサ・べスコフ作 フェリシモ出版
「リコちゃんのおうち」酒井駒子作 偕成社(図書館の本)
「おおさむこさむ」こいでやすこ作 福音館書店
疲労で眠いはずなのに、それでも絵本は読んでと持ってくる2人
いやいや私の方が勘弁してほしいです
最後に読んだ「おおさむこさむ」なんて
もうどこをどう読んだのやら、本当に読み終えたのかも定かでなく…
昨夜読んだ本

2007.02.02 いちごぱん
いちごぱん

ドライいちごをまた砕いて粉末状にして
みかさんのリーン生地に入れてみました
前回のいちごブリオッシュよりも
色は若干明るめになりました
しかし、もう少し大きいドライいちごを入れてみるという
前回の反省点をすっかり忘れて、残っていたドライいちごを
全て砕いてしまっていました
あいかわらず学習能力が欠落していますね…
味ですが…いちごの酸味があります、まずくはないけど
むむむな感じです←うまく言えない


IMG_4681.jpg

昨夜読んだ本(右2冊が小学生の人)
「野うさぎのフルー」リダ・フォシェ文 ロジャンコフスキー絵 童話館出版
「森の絵本」長田弘文 荒井良二絵 講談社(図書館の本)
「エンソくんきしゃにのる」スズキコージ作 福音館書店
「いちご」平山和子作 福音館書店
借りては返しを繰り返してきたエンソくんでしたが
とうとう買ってしまいました!
近々レビューしたいと思います♪←なにゆえ予告

2007.02.01 プルマン(全粒粉入り)
プルマン(全粒粉入り)

全粒粉を15パーセント入れてプルマンを焼きました
スーパーキング使用です
夕食後にこね始めたので、発酵にかなり時間がかかり
焼き上がりは深夜(うしみつどき)になりましたが
今回はまあまあいい感じに焼けました♪
おかげで今朝はすっかり寝坊してしまい(!)
トーストだけになりました↓
バターをのせて


↓は先日、散財してしまった本たち…
ここのところ、あちこちでこのレシピ本のパンを拝見しては
うきうきしています
「天然生活」はガトーショコラに吸い込まれて
<みんなの家を見に行きました>の特集に即決
まちがいさがしの小さな本は、小学生の人用です
子供向けというわけではないのですが
ずいぶん熱心に探しています
私も見てみましたが、最後の一つがなかなかみつからず
熱くなってしまいます
ちょっとした外出に重宝しそうです
散財!


昨夜の本

昨夜読んだ本(小学生の人は右2冊)
「きつねものがたり」ヨセフ・ラダ作 福音館書店 ←終了
「なんだかうれしい」谷川俊太郎+だれかとだれか 福音館書店(図書館の本)
「なきむしぼうや」エルサ・べスコフ作 徳間書店(図書館の本)
「びょうきのブルンミ」マレーク・ベロニカ作 風濤社
「かえるとカレーライス」長新太作 福音館書店
 「なきむしぼうや」ですが、泣いてわがままばかり言ってると
 まほうつかいのおばあさんに、ずっと泣いている魔法をかけられて
 しまいますよというお話です
 べスコフのイメージが…!こんなお話もあるのねと意外でした
 あごにちょっとひげのあるギョロ目のこわいまほうつかい
 装束はまるっきりねずみ男…
 小さい人はおびえていましたが、私は内心ぷぷぷでした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。