--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.31 はちみつミルクブレッド


今朝は早起きして(4時!)サッカーを見ました
HBにパンをこねてもらいながら、サムライブルーです←意味不明
高原2得点でちょっと嬉しい朝でした♪
sayuri先生に教えてもらったレシピ
はちみつでほんのり甘いやわらかいパンです
クープ入れる時、ぼんやりして向き間違えたりしました(右)

今朝、小学生の人がパン食べながら
「私ね~大きくなったらパティシェやめてパン屋さんやる
○○ちゃんママ(sayuriさんのこと)に教えてもらうんだ~」
それもいいわね、うんうんなんてにっこりしていたら
「ママはねぇレジお願いね」
脱力しました、レジ係ですか…まあそれもいいか…

スポンサーサイト
2006.05.31 赤い目のドラゴン


「わたし」と弟のもとに突然やってきた
赤い目をしたドラゴンの赤ちゃん
2人はドラゴンを育てますが、別れは突然やってきます

「わたし」がドラゴンとの思い出を語る形です
ドラゴンは少しやんちゃですが、声をださずに
笑ったり泣いたりします
「わたし」やおとうともあまり多くは語りません
別れの日の、もやがたちこめる寂しさを感じさせる夕方
全体を通して音があまり感じられず、静かな印象を受けます
だからこその、別れの最後に聞こえるドラゴンの声…
ドラゴンと別れた後のラストの短い一文では
また音は消えてしまいます
読後必ず目頭が熱くなってしまう絵本です
(リンドグレーン作 ヴィークランド絵
   ヤンソン由実子訳 岩波書店 1400円)


2006.05.30 キウイとグレープフルーツのジャム


前回の反省点を踏まえて、また作ってみました
グリーンキウイとグレープフルーツもホワイトです
画像の色悪いですが、ほんものはもう少し緑です
ただ、ほかのフルーツを混ぜるせいか、私の力不足か
もう少しきれいな色に仕上げたいです
コンフィチュールとかソースだと、きれいな緑でるのに…
味は比率をかえたのでキウイ味が強くなりました
キウイの味の後にすっきり酸味っていう感じで
グレープフルーツの苦味はあまり感じられません
もうちょっと改良したいです
(覚書 キウイ:グレープフルーツ 3:2
         グラニュー糖61パーセント)


ジャムを煮る時は、このルクルーゼの
27インチオーバルを使うことが多いです
中~強火で一気に煮上げたいので、鍋の底のほうだけに
入ってる状態じゃないと、とびはねて熱いし
周りも汚れて後かたづけも大変だからです
このブルーのオーバルは、嫁入り道具で
10年+α使っています
鍋底がざらざらしていて塗られていないのです
その1年後くらいに買ったルク鍋の底は、画像黄色の鍋のように
色が塗られてつるつるになっていました
全然気がつかなかったけど、先日小学生の娘に指摘されて
おぉ~、そうなるとこのオーバルは貴重じゃないのかと
きゅうに愛着がわいてきました←単純
ルク鍋、ここのところ新しい色続々であれもこれも欲しい!
でもそんなに鍋ばっかり持ってどうするのか、私。
2006.05.29 イングリッシュマフィン


大好きなパンの一つ、イングリッシュマフィンを焼きました
発酵時間も焼成時間も短くてすむので
思い立ったらすぐ焼けるところもいいです♪
イングリッシュマフィンの型は、パン焼きを
習うようになってすぐに、食パン型の次に購入しました
こんなによく使うようになるとは思わなかったけど…
自分で焼けるようになる前は、パスコのを買っていて
いつも、ソーセージエッグマフィンにして
学校や勤め先に行楽地にも、お弁当にしてよく持って行きました
(その時は4分割して…一応、乙女心です♪)


2006.05.28 コーンブレッド(マヨ入り)


Everyday Bread & Sweet'sの@こぶたちゃんにおねだりして
教えていただいたコーンブレッド、マヨネーズ入り焼きました♪
@こぶたちゃんのようにきれいにクープが開かなかったです…
(写真ボケボケですね…)
コーンの匂いの中にかすかにマヨネーズの匂いもします
こねた時は、水分足りないかな?と思ったけど
コーン混ぜ込んで発酵後、パンチする時に納得
コーンの水分が出ていて、ほどよくなっていました
1.5斤型持っていないので1斤型に換算して焼きましたが
発酵がすすまなくて(計算間違いかイースト少なかったのか
あるいは室温が低かったのか?)
すごく心配になって2次発酵早めに切り上げてしまいました
見た目は悪いですが、とってもおいしいの♪
コーンの粒を混ぜ込むなら、こういうリッチな生地の方が
私は好きだな~と思いました
@こぶたちゃんどうもありがとう♪


2006.05.27 いちじくとシナモンのジャム


スーパーで見つけてしまいました、いちじく♪
出てきたのね~と嬉しくて即かごに入れてしまいました
去年は煮なかったので久しぶりのいちじくのジャムです
砂糖をまぶして果汁を出すという方法をとらずに
いちじくとレモン果汁少々を先に火にかけて
煮立ってきてから、糖類を加えて煮る方法です
いちじくの色がきれいに残ります
仕上げにシナモンを少し入れて
ひと煮立ちしたらできあがり♪
(シナモンなしでも十分おいしいです)
今日のおやつにパンに塗って試食してみました
      (覚書 グラニュー糖60パーセント)

スーパーで小梅も並び始めました
もうすぐ青梅、南高梅が…ウキウキ♪
梅ジャムに梅シロップに甘露煮…忙しくなります

2006.05.27 ショコラ


子供を寝かしつけているはずが、自分も一緒に(先に?)
眠りに落ちてしまい、はっと気づけばこんな時間…
よくやってしまうことです
やろうと思ってたことが山積みなので
このまま再び眠ってしまえ~という誘惑を断ち切り
よっこらせっと起きて活動すると今度は眠れない…
これもよくあることです
そして翌朝、すっきり起きられない…
う~ん負の連鎖ですな、いけませんねぇ

さて先日、ぐりとぐらさんが焼いてたみかさんのショコラが
とってもおいしそうだったので、私も久しぶりに焼きました
まねっこして粉糖でお化粧♪
ココアパウダーにチョコチップ、おいしい♪とはまって
何度焼いたことか…みかさんのレシピの中で1番焼いたパンです
(2番はトマトとハーブのフォカッチャかな)
そのおかげで生地を四角く伸ばすの上達しました~
でも、これを焼くと一人で異常に食べてしまうので
禁断のパンです、なるべく焼かないようにしています…



2006.05.25 丸パン


初ホシノ天然酵母の勢いで、連日背伸びしたパンを焼いて
見事に撃沈してばかりだったので
ちょっとリハビリを兼ねて、みかさんのリーン生地で
丸パンを焼きました
今日は気温も高かったこともあるけど
出来上がり早いなドライイーストもやっぱりいいぞ~なんて
私ほんとにいいかげんなやつです

今日はいつにも増してばたばたと忙しい1日で
お楽しみに待ってた品物が届いたというのに
開けることもできませんでした
今から開けて、一人深夜ににんまりすることにします♪
2006.05.24 コーンブレッド(ホシノ)


今日も田辺由布子さんのレシピから焼きました
ホールコーンと缶汁も入ってます
コーン混ぜ込むのこんなに大変だとは思いませんでした
丸める時に生地張らせるだけでも、もうてんやわんや
ぼろぼろでてきちゃうし、とじにくいし…
やっぱり打ち粉すれば良かった←毎日言ってますね
そして、初めて食パン型のふた閉めないで焼きました!
あのコンパクトなオーブンの前にかじりついて(暑い)
途中で、細長いアルミホイルをかけてみたりして~
やっぱり熱源が近すぎて、表面がきれいに焼けないな~
という気がしますね、でもなんとか焼いてみたいとも…
今度はホシノでなく、イーストで挑戦してみます


本にあった通り、中はしっとりしてます
最初は甘じょっぱい感じがしますが
(缶汁のせいなのか、塩が多かったのか)
コーンとともに噛めば噛むほど甘く感じておいしい♪
もうホシノの生種がつきてきました
あと1回焼けるかどうか怪しいところです
2006.05.24 ものいうほね


ぶたのパールは、話ができる骨をひろいます
きつねにつかまって、食べられる寸前、骨のおかげで♪
ぶただけど、おっとりしていて品があるパールと
年寄りっぽい骨とのやりとりがのんびりしていて楽しい
またきつねに捕らえられてからのゆっくりした時間の進み方が
どきどき度を高めてくれて、助かったときの爽快なこと
そして心配していた両親との再会が、親の愛を感じさせてくれます


作者のウィリアム・スタイグの美しい色彩と
表情豊かな動物たち
瀬田貞二の訳は、少し難しい言い回しも取り混ぜて
でも丁寧にゆったりと語られていきます
日本語の細やかで豊かな表現があちらこちらに感じられます
(ウィリアム・スタイグ作 瀬田貞二訳 評論社 1300円)

ウィリアム・スタイグでもう1冊
「ろばのシルベスターとまほうのこいし」
これも大好きな絵本です
ちょっと似ているところもありますが
こちらの方は、心配して探し回り涙にくれる両親の姿と
シルベスターが親を恋しく思うのに為す術がないくだりなど
涙がでてきそうになります
最近書店で見たら、私が持っているのより1回りサイズが
小さくなってるような気がしました、気のせいかな?


2006.05.23 コーンミールと岩塩のフォカッチャ(ホシノ)


田辺由布子さんのレシピから今日もホシノ天然酵母で
フォカッチャを焼きました
コーンミールが1割入って、砂糖はなしです
フォカッチャって、もっちりして好きです
焼く前に振った、岩塩もきいてておいしい♪
今日もお昼前にこねて、8時半に焼きあがりました
今日の方が粉は少ないのですが(200グラム)
昨日より気温低かったので時間かかったのかな?
もうず~っと思っているのですが、発酵器ほしいです
昨冬には、ほしいな~どうしようかな~置く所も困るし…
なんて迷っているうちに、あちこちでソールドアウトに
なっていました
この冬までにはほしいな~とも思うのですが
なかなか値も張るし、それならあの型もこの型も買えるし
それよりフードプロセッサーが先か
あの鍋の新色もほしいぞ~などとぐるぐる巡っています
きっとどれも当分買えないでしょう…


2006.05.23 全粒粉のパン(ホシノ)


昨日、ホシノで焼いたパン
田辺由布子さんのレシピから、全粒粉が25%入ってます
本ではクッペになっていたのですが、生地がべたつくので
細長く転がして成形なんて、とてもても…
打ち粉をしなかったせいかもしれませんが
断念して丸くしてしまいました
クープはレシピ通りにサラダオイルを2、3滴たらしました
クープ…1回ですーっと入れられずに
何度か行ったり来たりしてしまいました
焼き上がりは8時半(お昼前にこねました)
皮はまあまあパリっと、中はもっちりで♪
何もつけなくて、そのまま食べるのがおいしい~


2006.05.22 プルマン(ホシノ)


ホシノ天然酵母、やっと焼けました~
オーブンの中からもういい香りが立ち込めて♪
今日帰宅して2時半からこねて、1次発酵後分割したのが8時
今日は気温も高かったので幸いでした
酵母起こしたの初めてなので、ちゃんと発酵するかも
心配で、ボウルの中でふくらんでいくのを見るのも嬉しくて。
焼き始めたのは0時前から、日にちがかわってしまいました
手前半分は丸っこいけど、後ろ半分は角角していますね~
フタ閉める時に、2つのお山の高さが違っていたので
こうなるだろうな~と予想され、フタ開けのどきどき♪はなし
手前の角角部分をカットして、1切れ食べてしまいました
こんな時間なのに…でも今日は食べなくちゃと弁解しつつ…
いろいろ課題はあるけど、でもでもおいしい~♪
初めてパン焼いた時みたいな、小躍りしたい気分
↑夜中なので、かなりハイなのか?
明日の朝もまたこねちゃうと思います


2006.05.21 鈴懸


今日は新宿の伊勢丹に行きました
デパ地下のスイーツはお楽しみのひとつです
今日は、鈴懸の和菓子にしました
抹茶蕨餅、麩之餅(麩まんじゅう)、心葉(かるかん)
どれにもこしあんが入ってます
かるかんは山芋も入ってるとかで、たしかに
ふわっと溶けてしまう感じでした
私、麩まんじゅうには目がなくて…
求肥とかお餅とかよりも生麩の食感が大好きです♪

いつも買いたくなっちゃうマ・パティスリー(週がわりで出店)
今日はがまんしたけど、来週から大好きなデフェール!
我が家からは遠くてショップへはめったに行けないので
来週も伊勢丹行きたくなりました~行っちゃおうかな~
2006.05.20 プルマン


昨夜焼いたプルマン、ホシノ天然酵母はまだ
ぶくぶくいってたので、ドライイーストで焼きました
いつものように、出来はよくありませんが
私の記録なのでUPします
焼き上がって、ふたを開ける瞬間のどきどき感は
楽しいです←すぐにため息にかわるけど…
 
今日はひさびさに晴れて…でも暑すぎ!
子供たちが楽しみにしていたいちご、赤くなりました~
食べられる実のなる植物は、いちごとブルーベリーだけで
どちらも昨秋植えたので、我が家での初収穫となりました
大きい粒のなる、とねほっぺという種です
綿棒でちょこちょこと自家受粉していたのですが
ある日ちいさな蜂を発見して大喜び♪
いつもなら「やだ~」と逃げ回るところですが、welcome♪と
両手を広げて抱きしめたい気持ち(あくまで気持ち)でした
ずっと、我が家の2階のベランダにいたのですが
ここのところ続いた雨でどこかに行ってしまったみたいです
まだ花咲いてるので、蜂よ~戻ってきておくれと呼びかけて
みましたが、効果のあるはずもなく、また綿棒なのかな…


2006.05.19 コーンマヨネーズパン


アフタヌーンティーのティールームで売ってる
コーンマヨネーズのパンをまねっこして作りました
みかさんのリッチ生地で粉の15パーセントを
コーンミールにしてみました
ツブツブ入りの生地のさわりごごちが気持ちよくて♪
断面図、もうちょっとコーンマヨが
真ん中近くにあればいいのに~


2006.05.18 ホシノ天然酵母


昨日のパン教室でホシノ天然酵母初体験し、
さっき生種を起こしました
これでいいのかな~どきどきします
(といっても30℃の水でぐるぐるまぜただけですが)
8時間後くらいからとあるので、今晩夜半すぎから
ぷつぷつし始めるのでしょうか、楽しみです♪
明日の夜のこねに間に合うといいな~
頑張れホシノくん!←おばか


S kitchenのsayuriさんのところで教えていただいてます
昨日は朝焼きあがった(早起き!)フランスパンのほか
クラムチャウダーやかぼちゃのニョッキ、お豆のサラダなどなど
もりだくさんのランチとデザートもいただきました♪
(食欲のため待てずにのばした小さい人の手も写ってます)
フランスパン皮はぱりっと中はしっとりもっちりして
おいしかった♪でも彼女はまだ不満足でもっともっと
フランスパンを極めたい様子でした、すごいな~
ホシノの成形までして持ち帰り、家で二次発酵を
続けて焼きました…がやってしまいました
私の例のオーブン、ダイヤルでコンベクションとかグリルに
変えるのですが、グリルのまま焼いちゃったのです~
気づいた時にはすでに遅し…なさけないことです
でも焼き上がりの香りの芳醇なこと!
2006.05.17 おもしろ荘のリサベット


鼻の穴にエンドウ豆をいれて取れなくなったリサベットと
そんな妹を医者に連れて行くことになったマディケンの2人
道中、道草したり友達と取っ組み合いのけんかしたり、
やんちゃな姉妹の物語です
挿絵がきれいな色使いで、2人の様子がいきいきしています
文体もむずかしすぎず、状況が手にとるように書かれ
絵本から本へ移行する時期に、ちょうどいいと思い求めました
続編にあたる「クリスマスをまつリサベット」
こちらも2人の楽しい道中の物語です
2人の年の差が、我が家の姉妹にも似てるな~と思い
(↑リサベットは4歳くらいなのかな?)
2人とも良い子すぎず、悪すぎもせず、身近な感じがします
版元は別(徳間書店)ですが「雪の森のリサベット」
こちらはリサベットだけが冒険?して、マディケンはそれを
心配します。姉妹っていいな~と思える作品です。
(アストリッド・リンドグレン作 石井登志子訳
          岩波書店 1400円 1600円) 

2006.05.16 シナモンレーズンロール




仲良くしていただいてるぐりとぐらさんが
丸い型に入れて焼いていたのがかわいかったので
早速まねっこして、シナモンレーズンロールを焼きました
アイシング下手ですね…
↑二次発酵後 型におさまってる姿なんだかかわいい♪
↓このコンパクトなオーブンで焼いています
ぜんまい式でアバウトなタイマーなので、別に
タイマーをセットしないといけないのです
山食、憧れなのですが、このオーブンではちょっと
無理そうな気がします
もしこのオーブンで山食焼いてる方いらしたら、ぜひぜひ
アドバイスください♪
2006.05.15 IKEA再び



昨日、こりもせずにまたIKEAに行ってしまいました
小さい人がもう少し大きくなるまで、子供部屋のベッドは
保留にしようかと思っていたのですが
カタログで見ているうちに、しばらくはこれでも楽しそう♪
調べると在庫もまだあるみたいだし~買っちゃおうか!
ということで、いそいそ行ってしまいました
(昨日は首都高すいすいでした)
マットレスはお目当てが在庫切れ(かなりの品が在庫切れらしい)
まだマットレスパッド1枚だけですが、子供たちは大喜び♪

@24900とお値打ちなのですが、組み立てけっこう大変でした
またしてもコンパクトな梱包だったので、予感はしてましたが…
説明書の右側にうすーく男の人の絵があるのですが
この人よ~くみるとほほえんでいるような表情なのです
でも作業工程としては、あきらかにこんな風に
にこやかでいられるはずがない!確かに難しい作業はないけど
上下逆さに組み立てて、途中でひっくり返しましょう
って、え~こんな大きいものひっくり返すって、おいおい…
なんやかやと、それもまあ楽しかったです
これからクッションをいっぱい作ってあげようと思います

ワールドカップメンバーのこと↓


2006.05.14 かぼちゃのちぎりパン


みかさんのレシピでおなじみのちぎりパンです
かぼちゃ入りはもう我が家のおなじみとなりました
おでかけの朝には、車に持ちこんでみんなで食べます
かぼちゃの甘みでやさしい味で人気者です
なのに私以外みんなかぼちゃの種をとって食べるのです
おいしいのに、なぜわからないのかな~
誰も食べないとわかってても、毎回必ず
かぼちゃの種をトッピングする私も私だけど。
2006.05.13 グレープフルーツとキウイのジャム


グレープフルーツ(ルビー)とキウイ(グリーン)のジャムに
初挑戦してみました。
色はよくないけど、味は悪くないです
先にキウイの酸味、後からグレープフルーツの苦味が
やってくるといった感じです。
果汁が多いので、キウイを後から加えてみました↓
いつもジャムは20分以内に煮上げるようにしているのですが
今日は25分かけてしまいました
出来上がりのとろみ加減に迷ってしまいました
もう少しキウイの比率を多くして、グレープフルーツも
ホワイトの方を使ってみると、色がきれいだし
果汁も減るので、見極めやすいかもしれません
また挑戦します
(覚書 グレープフルーツ:キウイ 1:1
         フルイサナ61パーセント×0.7)




2006.05.13 桜あんぱん


桜の塩漬けがあったので、桜あんぱんに挑戦してみました。
Everyday Bread & Sweet'sの@こぶたちゃんの
まんまる菓子パンのレシピのリベンジも兼ねて。
おへそが…形も丸くない…などいろいろと不出来ではありますが
ふんわり生地でおいしかったし、あんこもはみでなかったので
一応良しということにしてください
あんこは、スーパーで買った袋詰めのものですが
「十勝産小豆ほか(中略)国内産原料のみで作った」とあり
そういう但し書きがあるとなんとなく、おいしいあんこの
ような気がしてしまう単純な私。



2006.05.12 ハプニング!


Everyday Bread & Sweet'sの@こぶたちゃんの
まんまる菓子パンがと~ってもおいしそうだったので
さっそく作ってみることにしました
あんこもちょっと残ってるし、残りはジャムいれよっかな♪
なんてウキウキしていたら、事件は起きました

いつものようにHBに材料入れてふた開けて
こねこねしている間にちょっとトイレへ…
すると、小学生の人の悲鳴が!
「ママ~大変!はーちゃん(小さい人の呼称)がぁぁぁ」
走りよってみると、パンこねを見るのが大好きな小さい人が
HBのそばで、風呂上りのお水をのんでいたはずなのに
そのコップの中は空、こねこねしてるパン生地は水びたし…
もうどうしていいかわからず、キッチンペーパーでちょっと
吸わしてみたりするもうまくいかず…呆然と立ち尽くしました
結果、べったべたの生地ができあがりました(涙)
しょうがないので、大き目のパウンド型にいれて焼きました
はぁ~ごめんね@こぶたちゃん…
でもでも!焼きあがってみるとふんわりでほんのり甘くて♪
へこんでた気持ちもかなり上向きました
ぜったいリベンジします♪
2006.05.11 どうぶつしんぶん


この本は開く袋があり、中に4枚の新聞が入っています
森の出来事のほか、健康相談に連載小説?に広告もあり
そのどれもが愉快で楽しい!
夏の落し物が、冬にみつかりお礼をもらう記事や
春に行方不明になった子猫が、秋の目撃談を経て
冬に家族再会を果たす記事など、連続性も楽しめます
編集長はくまさんで冬眠のため、冬号で休刊となります
作者陣が豪華で、特に堀内誠一さんの絵が鮮やかでかわいくて
子供でなくても惹きつけられるのでは…
(岸田衿子 松竹いね子 谷川俊太郎文 堀内誠一絵
               福音館書店 1100円)
堀内誠一さんは「ぐるんぱのようちえん」や
「たろうのひっこし」「ふらいぱんじいさん」など
たくさん手がけていらっしゃいますが
私のお気に入りは、↑ともうひとつ↓です


こっちは文も堀内誠一さんです。この本はお友達のところで
初めて見て、とりこになってしまいました

2006.05.10 丸パン


徳永久美子さんのレシピで丸パン焼きました
半分をブレッチェンのように成形したのですが
またいまいちでした…
このパンほんとシンプルな配合でおいしくて大好き♪
我が家は小さい人がいるのでパン焼きは主に夜が多いです
焼き上がりは深夜になっちゃう
焼き立てを誰も食べられないのはちょっともったいない気がします
こういう外はパリっと系のパンは特に
冷蔵発酵すればいいのかなあ…でも朝弱いし
私が起きるとだいたい小さい人も起きてきちゃうし…
静か~な夜に、やわらかいパン生地に触れてると
なんだか癒されて、それはそれで悪くないです
まだまだ夜中のパン焼きは続きそう

どうでもいい話です↓
2006.05.09 ゴールデンキウイのジャム


ゴールデンキウイが店頭に出てくると
キウイを煮なくちゃ~という気持ちになります
グリーンのとゴールデンキウイとまぜて作るのが気にいってます
グリーンのだけで作った方が色はきれいですね~
こちらももう少し緑を残して煮上げたいので、まだ発展途上です
シロップと果実と2度にわけて煮た方がいいかもしれません
今日の砂糖はフルイサナ↓というフルーツシュガー
天然の甘味料らしく通常の7割使用でいいと書いてあります
これで作るとほんとにすっきり感が増しておいしい♪
(覚書 ゴールデン:グリーン 3:2 
      フルイサナ 63パーセント×0.7)


2006.05.08 金柑のパウンドケーキ


金柑の甘露煮、そろそろいいかなとパウンドケーキに
入れ込んでみました
今日は脇雅世さんのレシピのパウンドケーキです
やわらかオレンジピールに近いですが、断然こっちの方が
おいしい!(と思う)
上に白ゴマをトッピングしようとおもっていたのに
すっかり忘れてしまいました
下は、この前買ったセルクルが使いたくて
先日の藤井恵さんのいちごミルクゼリーを再び。
ゼラチン多くして、下にビスケットをしいてみました
飾りのいちご、とっておくの忘れてしまって
摘んできたミントのみ…
こっちはゼラチン少なくカップで作った前回の方が
とろりんとしておいしかったです


2006.05.08 しろくまちゃんのほっとけーき


こぐまちゃんシリーズの中でこの「ほっとけーき」と
「ぱんかいに」(どっちもしろくまちゃんメイン…)は
有名かつ愛されてると思います
我が家でもご多分にもれず愛読中
もう読みすぎて暗記してるくらいです!
「つまんない ケーキをかってくれないの
 ママのけちんぼ」(~ぱんかいに)
「ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ
 やけたかな まあだまだ」(~ほっとけーき)
うちの子供たちは(上の子もそうだった)好きな本は
びりびりにしてしまう、といういや~なジンクスがあって
上記の本はどれも破れたページが多々あります
年月がたって黄色くなってきたセロテープも
思い出深く感じられるようにもなってきましたが。
この本の出版元のこぐま社、福音館や岩波などに
比べると小さいイメージがあるのですが、
ロングセラーな絵本が多いですよね。
11ぴきのねこシリーズやわたしのワンピースとか…
上の娘が1才くらいの時に、一時期こぐま社の会員に
なって以来必ずお誕生日には↓カードを送ってくれます
うわさでは10才で感動的なコメントとともに卒業だとか
その日がくるのが本当にさみしいです…
時折、サイン本の限定販売もあって嬉しいです
なのに中はびりびり~って、ねぇ…
(わかやまけん作 こぐま社 800円)


2006.05.07 パン・オ・ノア


リスドォルでくるみのパンを焼きました
あいかわらずクープ下手ですが
これは私の中では少しいい方です…
いつもSkitchenのsayuri先生の美しいパンを
目にしているので自分のだめだめぶりが
よ~くわかります
今日は教えの通り、マットをとって少し乾燥させてから
クープをいれてみました
今度このパン焼くときはお花みたいな成形にも
チャレンジしてみようかな♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。